資料

日本勤労者山岳連盟
遭難救済基金制度ご案内

・どなたでも会員になると入れます。(共済制度)
初年度: 新規加入金\500、1口:\1.000〜10口:\10.000まで任意選択できます。
契約期間: 1年間ごとの更新、継続加入は、給付率が年々10倍ずつ加算されます。

・「給付の特典」(軽登山)は3倍給付
標高2000m以下、日帰り、5時間以内の条件に適合する登山には、規定の3倍が給付されます。
遭難救助活動中の二重遭難事故には規定の5倍給付されます。

・ドア・トゥ・ドアでの給付が対象

交通事故および交通機関の事故を除く山行期間中の事故に適用されます。
*例: 駅の階段でつまずいて「捻挫」しても適用の対象です。
山スキーも給付の対象となります。

・人工壁、海外登山や海外トレッキングの事故にも適用
(海外:事前に、「海外委員会」あてに計画書の提出が必要とされます)

・仮給付制度
遭難死亡・行方不明・捜索などの場合、申請書類(仮給付申請書、計画書・写)が整えば費用の仮給付が受けられます。

・死亡・行方不明・後遺症や、入院・通院に対して給付
入院: 事故発生日より1年以内、3日〜210日までが対象です。
通院: 事故発生日より1年以内、3日〜 50日に適用されます。

・余剰金は給付率、救助・捜索補償に上積み還元されます。
「遭対基金」は営利を目的としませんので、加入者が増えれば補償額の増額にあてられます。
2002年3月現在

[]