△最近の山行記録をみる   △アルバムをみる   △全部みる   △検索   ▲TOP


08/19/2016 熊本4回目ボランティア
暑かったです

10/11/2014 唐倉山 はだか岩西稜
「福が満開、福のしま」の南会津の南郷地区にある唐倉山は伝説残る奇岩と岩稜の西尾根と、樹齢数百年の巨木が登山道を覆う東尾根の2本があります。痩せている西尾根は、下部に「はだか岩」がある。「はだか岩」は関東で言えば伊豆の「城山南壁」を小型にしたような壁です。アプローチは登山口の駐車地から「はだか岩」まで30分です。
<西稜>948m-1003m 標高差54m 5P
<南陵>はだか岩の南面の真ん中にある稜 916m-986m 標高差70m 3P 

10/22/2012 西上州九十九谷
今年7月から試登してたルートが2本完成しました。下部の2Pは同じで(下部中間に「細粒の破断した砂帯」破壊帯があるためこれを避けるため)左からラインを引きました。合流後の中間尾根の2Pを登ると御岳岩まで7〜8Pあります。標高が800mという低山ですのでこれからの紅葉の季節では楽しいと思います。写真は「百眼フェース」。なおルートの核心は1P目の人口になります、リードの場合身長170cm以下だとボルトの間隔が遠いために届きませんので注意してください。

01/18/2012 2012年1月八甲田オスピステスキー企画
毎日、山頂駅で40cm〜70cm雪が積もり。西又は西南の風、風速20km、一度ロープウェイが止まりました。
スキー場では積雪4mを越えていました。
視界は標高800mから1000mの上からホワイトアウトになりました。行けたのは変形モッコ沢、モッコ沢、ダイレクトバリエーションです。
今回は一度も雪がやむことがなく終わりました。
地元の方に聞くと七年ぶりの大雪だそうです。
次回の3月が楽しみですね。

06/06/2010 前穂高北尾根
雪が多かったです。後方に涸沢ヒユッテが見えます。

03/31/2010 八甲田オフピステ
モッコ沢・変形モッコ沢・変形フォレスト・カモシカ・城が倉ルートを滑りました。
相変わらず3月でも新雪に毎日恵まれて最高・・・

02/27/2010 CANADA レベルストーク
エリアはカナダでも話題になっているとこです。豪雪地帯・町から遠い・大雪が降るとハイウェーが通行止めというローカルというか土田舎そのものです。
オープンして3年目の新しいスキー場ではヘリスキーに行かなくてもオスピステを楽しめると言うことで飛びついて参加したのですが、残念ながら到着日に10日以上も新雪がなかったのでヘリスキーに前段切り替えました。エリアはオープンバーンからツリーランという形が多く。料金は標高差で課金されます。6〜8ランで四千メートル位の標高を一日で滑りました。
ゲレンデは新雪が降り始めてそこそこ楽しめました。リフトが四本しかないですが、標高差1713m有ります。一番長いコースで15.2km。リフトトップが2225mです。ウイスラーとかバンフと比べて雪質はニセコとはちっと異なりますがメチャ軽いです。
ゲレンデの様子ですが。独特なのですがバーンがウエーブしていて何というか波乗りのような感覚になります。
Mtマッケンジの下のエリアはゲレンデなのにハイク(スキーを持って歩き)して幅200m位のボール状のオープンバーンを滑り(上の方にダイナマイトをセットするワイヤーが有りました)、ガリーを下りていくという・・・山あり谷ありのアルペンエリアでとっても好きになりました。

バンフでガイドをしている方にお話を聞きましたがこちらの方がパウダーには恵まれるとのことです、カナダも2月になってもバンフではこの頃毎日新雪と言うことが無くなってしまい寂しいと言っていました。

写真はヘリスキー事務所に張ってあったLANGE(スキー靴)のポスターです

01/01/2010 TAI ライレーイ(プラナン)
タイワンウォールの洞窟から遠くにトンサイを眺めて

07/12/2009 東京都勤労者山岳連盟救助隊訓練
倍力システム−1/3と1/5を中心に
フリクションノット
懸垂下降・仮固定・登り返し
参加者が多く どこまでやれたか・・・

06/21/2009 太刀岡山「左岩稜」
元々「左岩稜」があった所から左に15m行ったところから3Pのフリーのラインが今年、ガイドさんによって開かれました。
1p目が核心ですね。プロテクションの残置は無い上、悪い状態(砂と泥がのっている)のフェース登りが5m続きます・・・その上はハンドジャムからフィスト(手の小さいかたは辛い)キャメロット#3×2+#3ハーフがほしいです。
面白いです・・・
片足でヤジロウべーしています、まねをしないようにしましょう

06/07/2009 青葉の岩場
あいにくの天気でしたが登れました

03/21/2009 小豆島「拇指岩」
島には、あと吉田の岩場とインスポンという所があります。

11/15/2008 地図読み
何とか雨に降られずに終了することができました。

11/08/2008 近畿ブロック「HKレスキュー」講習会
近畿ブロックのハイキングレスキューに行ってきました・・・参加者が54人。半数以上?が女性。
ウーマンパワーを感じました。
関東からわざわざ呼んでいただき熱心に暗くなるまで学ぶ姿に感嘆符!
滋賀労山の方々には本当にお世話になりました。

10/18/2008 東京都勤労者山岳連盟救助隊訓練
ロープワークとセルフレスキューを中心に訓練を神奈川山岳スポーツセンターで大勢の参加の下で行うことができました。

08/22/2008 北鎌尾根
低気圧の影響で曇り時々雨といった天気の中・・・入山し、18日以来の4日ぶりの(という話でした)快晴のなか、22日北鎌を登りました。
頂上です。
翌日も雨の中元気に下山しました。

07/27/2008 谷川岳
土曜日は中央稜、日曜日は南陵。
日曜日は抜けてから頂上経由で降りましたが稜線で雷と雨にたたられました。

07/20/2008 大ヤスリ岩
一年でここまで登れるですね。
これからが楽しみです。岩場は貸し切りでした。

07/13/2008 セルフレスキュー
山岳会の「セルフレスキュー」を行いました。
基本的なこと、これが一番大事ですね。とっさのときに、ということをメインにしました。

終わって駅に着いたのは夕方6:00でした。

05/05/2008 北鎌尾根
悪天候でしたが無事抜けられました。

04/27/2008 妙義山「星穴岳」
前日までの天気予想が突然変更になりました。

01/27/2008 城ヶ崎
伊豆でも寒いでした・・・朝、雪が降ったのですが「影響」なくて楽しんでいただきました。


12/09/2007 「ハイキング・レスキュー」パート2
外傷に絞って手当→搬送の実技。
お疲れ様、事故がないことを・・・

12/08/2007 無料スキルアップ講習会「地図読み」
天気も良く、紅葉がとってもきれいでした

11/24/2007 妙義「金鶏山」
変わった岩質です・・・

11/11/2007 初めての「あぶみ」
お疲れ様

11/03/2007 妙義山
紅葉がすごいです。

10/14/2007 明星山P6南壁「左岩稜」
今年から人工登攀を始めていただいた、本チャンでのステップアップ最初の課題を今回クリアーですね。

10/07/2007 穂高「屏風岩」東稜ルート
東稜から見た「雲稜ルート」・・・下の方に「扇テラス」が、上の方に核心の悪いトラバースが・・・・
それにしてもすごい順番待ちですね・・・
取り付きでビバーグしていたパティーも有りました。
屏風の頭はそろそろ紅葉が綺麗です。

09/16/2007 越沢バットレス
通常のアプローチは2つの橋が先日の台風で流されたため、バットレスキャンプ場からアプローチするのが一般的になりそうです。30分+ですかね・・・
対岸の東屋からの全景です。

09/08/2007 <基本>人工登攀マスター2
初心者の方には難しい「お宮のハング」
台風の翌日、川は濁流!
道路が通行止になっていた。練習場所の変更で

09/01/2007 <基本>人工登攀マスター
人工登攀に絞った講習。
2回目の参加の方が(今まで一度も人工登攀をされたことのない方でしたが)、A2と言われるかぶったオバーハングをリードしました。
<基本>での目標は一応大丈夫ですね、次は本チャンでのステップアップですね。

08/26/2007 黒部「赤木沢」
終了点にモウセンゴケ!綺麗でした。
山はもう秋の気配が・・・・

08/17/2007 穂高「屏風岩」雲稜ルート
扇テラスの上です。
冬はそのまま直上したのですが・・・今はトラバースのラインのみが一般的のようで・・・ウーン悪いですね。
8月は暑く大変ですが、当日は曇りでしたがそれでも暑かったです。
お疲れさま。

06/09/2007 韓国「インスボン」
霧の中のクライミングに終始しました。

友情B・仁寿B・ショイナードBのトリプル「B」と医大ルート・ファンタジックエキスプレス

医大ルートは最終ピッチ雨になり「耳岩」のチッピングにさわることが出来ませんでした。

6月でこんなに寒く・・・・天候の不順にビックリしました。

秋に企画ができればと思います。 お疲れ様。

05/26/2007 岩の「ベーシック」
天気が不安定で、朝雨が残っていましたので、勉強です。日中は、良い天気で「岩ベーシック」(机上学習会)の内容を行いました。
ご自分で打ったボルトにのっていただきました。
翌日は小川山に転進して、フリークライミングを夕方まで、帰りは焼肉でお腹を膨らませていただきました。
お疲れさま。

05/06/2007 北鎌尾根
硫黄尾根からの北鎌尾根!!
格好いいですね・・・

04/21/2007 タカトリ
独特のホールドとバランスを要求される砂岩の鷹取に行きました。
「外岩」(ウーンこういう言葉がジム育ちの方がメインになると当たり前になるのですね)を希望される方との1日でした。

03/10/2007 八甲田山スキー
関東は雪不足で・・・パウダーなんて何処?と言うのに、此処八甲田は毎日毎日雪でした。
ウーン、癖になりそう・・・

03/04/2007 湯河原・「梅の宴」
梅が満開です。
入園料が200円かかります

02/01/2007 アイスエクストリーム
群馬の六合村にある噂のアイスジムに行ってきました。
テクニカルな面は此処で学ぶことが出来ます。
すばらしいの一言です。
平日だったので貸しきりでしたが、週末は30人位とのことですが・・・
混むと言うことが無いと言って良いくらいのスペースがあります。

11/04/2006 24の瞳「小豆島」拇岳
なかなかワイルドでした。
神社の裏道を通って、アプローチ30分ぐらい・・・
頂上からの眺めは絶品です・・・海ってこんなに綺麗なんだなと感じてしまいました。一度は行ってみたいところですね。

島の方は人なっこいです。気さくに岩場までのアプローチを教えてくれたり・・・初めてあった方に「気をつけて・・・」と声をかけられたり・・・、猫まで寄ってきてゴロゴロ喉をならしたり・・・ウーン此処は都会ではないと感じました。

08/26/2006 小川山
不安定な天気でしたが登れました

07/30/2006 裏妙義「星穴新道」
内容が中級です。パトナーとのつるべの実技です。悪名高き「星穴新道」・・・廃道になっていて危険です。悪い確保支点・不安定なランニング支点そうしたものを絶えずチェックし、点検確認しながら自分たちで支点を現場で構築してもらいました。ロープ操作がメインになりました。
お疲れさま。

06/26/2006 Korea「仁寿峰」
6月21〜25日で韓国のインスボン・クライミングを行いました。入山日が韓国は「梅雨入り」で、雨でした・・・一時はどうなるやら心配をしましたが、翌日から最終日までお天気はもってくれました。岩登り初心者の方と以下の日程で
22日「医大ルート」〜「ソーミョンスラブ」
23日「「インスB」〜「オージースラブ」〜「女情1P」
24日「シュイナードB」〜「インスA」
エンジョイクライミング・イン・インスボン!!お疲れ様

写真は、白雲台からのインスボンです。

06/04/2006 星穴岳
スクールで妙義山・星穴岳に行ってきました。
応用編(中級)に入っています。トップとセカンドをやっていただいてルートを登り・下りて来るというゲレンデでは決して出来ないことを学んでいただきました。
あいにくの天気でしたが、学ぶことが多かったと思います。

06/03/2006 妙義山
スクールで妙義山に行って来ました。
応用(中級)編です。リードをしていただき、判断をしていくという実践です。
朝の快晴が、お昼には生憎の雨になりましたが無事終了です。
お疲れさま! 山ツツジが綺麗でした。

03/18/2006 谷川岳「 一ノ沢右壁左方ルンゼ」
F5です。

03/12/2006 八が岳「角木場」その2
今週も角木場へ・・・
写真左側の氷柱が大崩壊しました、幸い左側には誰もいなかったのでけが人は無し・・・

先週と比べてやせています。

03/04/2006 八が岳「角木場」
しっかりと発達していました。今年は、右側が一番難しい?
例年、難しいのは左なのに破壊されていて・・・階段状になっていました。

02/27/2006 八甲田
八甲田に山スキーに行ってきました。

02/19/2006 甲斐駒大武川「一の沢・大滝」
奥深く、静かな山行になりました。
下の大滝(50m)は、連日の陽気と雨で溶けてしまい登れませんでした。
大滝自体は、メチャ堅く・・・
雨で左側は切れ込みが入っていました。
お疲れさま。

01/22/2006 熊取橋大滝
未登と思って登ったら、終了点に懸垂下降用のスリングがかかっていました。
50mをチョト超える大きさです。
アプローチ15分位ですかね・・・・
初級には良いと思いました。

01/15/2006 氷を見つけました
道路脇に堂々とした「氷」がありました。

01/14/2006 芦安の氷

あいにくの天気でしたがトリコネルに行ってきました。

12/27/2005 厳寒の八が岳
24日から26日まで八が岳に行きました。
寒いの一言です。
風の寒さと雪の多さは12月とは思えませんでした。

12/05/2005 月曜日の日和田
前日の吹雪の八が岳が嘘のように晴れてすがすがしい1日でした。
貸し切りです。

12/04/2005 山は、冬景色
八が岳は前日までの、初冬からいきなりの「冬」本番・・・激しくなる吹雪・・・
「初級冬山」」は、ジョウーゴ沢でベーシックのアイゼン「フラットフット」とピッケルの「シングルアックス」を、そして実践で「阿弥陀の北稜」を体験していただきました。

11/23/2005 初級セルフレスキュー
大勢の参加者のみなさんお疲れさま、暗くまで熱心に参加していただいてありがとうございます。

11/11/2005 妙義山「星穴岳」
「星穴岳」不思議な風穴。
「伝説」がありました・・・
昔この地を治めたお殿様が矢を放ったところ、岩を射抜いて大きな穴が開きました。今度はお供の家来が「では私めも」と、今度は持っていた握り飯を投げたところ、もう一つの穴がポッカリ口を開けました。その2つの穴が星穴とむすび穴だそうです。

紅葉が最高!、天気も良く・・・

10/17/2005 下北半島の「ハーフドーム」
青森の「縫道石山」(ぬいどういしやま)に行ってきました。

岩はフリクションの利く岩質ですが・・・エッジがえらい尖っています・・・ランナーは潮風にもろさらされる地形なのでカムデバイスが必要です。
目の前が海。そして、北海道で、風が冷たく強い・・・
南の方から天気が悪くなるそうです・・・
クマが一番怖いのですが・・・地元の案内人は「イナイ!イナイ!」と言ってましたが・・・幸運にも会いませんでした。
10月は寒いみたい・・・9月が一番良いのでは・・・でもね紅葉が良かったです。

10/01/2005 瑞牆山・大ヤスリ岩「ハイピークルート」
8月に行った後に、希望がありましたのでまた行ってきました。
今回は、最高の天気です。
今年は、紅葉が遅いようです・・・

参加者はみなさん60歳を超えておられましたが、明るい内に入浴まで一緒させていただきました。
「青春の思出」になりましたね。

09/11/2005 黒部・丸山東壁「緑ルート」
中央バンドからの懸垂しているところです。

08/20/2005 瑞牆山・大ヤスリ岩「ハイピークルート」
天候が不順でしたが、何とか登ってきました。
でも!カミナリが鳴ったときはみんなでビビリまくりました・・・だつて居るところが、岩頭の天辺にいるので・・・
5月から岩のベーシックを積み上げてきて、此処まで来ました。
来月の黒部丸山「左岩稜」で一区切りです。

08/07/2005 乾徳山「旗立岩中央岩稜」
写真は1P目・・・難しいフリーですね・・・ヌンキャク13個位だっけ・・・結構いりました。支点は古いハーケンなので補強が必要ですね。
2P3Pは易しいが、ナイフリッジ・・・しかも、結構岩浮いています。気を抜かないで・・・
ナット・小さめのカムデバイスが有効です。

08/06/2005 越沢・広沢
初めての本ちゃんのマルチ&人工登攀 として真夏に行くには良いのですが・・・
クモの巣の多いのにはウンザリします。
人工登攀がメインの沢です。
写真はF5(羽衣の滝)

07/17/2005 小川山/屋根岩「セレクション」
マルチピッチの練習です

07/18/2005 小川山/屋根岩3峰神奈川レモンルート
マルチピッチの練習。

07/24/2005 「ハイキングレスキュー」
八王子おおるり山の会のみなさんで、二日間CPRから始まって、ケガの手当そして搬送の訓練を行いました。
写真は女性だけで足場の悪い斜面を「チンチン電車」方式で、ボトム・ビレーでサポートしながらけが人を背負い搬送をしているところです。
「チンチン電車」方式もバージョンは3になりました。

06/12/2005 二子山「中央稜」
参加された方から写真いただきました。
前日、天候が悪く。心配したのですが、晴れ○×さんがメンバーにいたようで・・
頂上です。

04/24/2005 城ヶ崎「フナムシ」
練馬山の会のみなさんと城ヶ崎に行きました。
2日間お疲れさまでした。
こんなにまとまった楽しいグループは初めてです。
エンジョイ・クライミング!!

03/20/2005 波勝崎・海金剛/ Super Rain
写真は2P目の出だし・・・目の前のフレーク(写真の右足下の右側のフレーク)は・・・「動いている」・・・このフレークが落ちたらビレーヤー直撃です・・・
その後のランナウトしてのトラバースは・・・ガイリングの「ルート」としては、セカンドでは「危険」なため選択外になる?のではと感じました。
グレードは少なくみっもっても10aはあります・・・
登り方によっては10cのムーブにもなります・・・
デバイスはキャメロットの#4,5と#5が1個づつ必要なピッチがありました・・・
持っていかなかったので・・・怖かった。#4に足がさわったら外れてしまい・・・
全体として確実なハンドジャムを身につけていないと難しい。

02/14/2005 甲斐駒大武川「一の沢・大滝」
2月の連休で行ってきました。
参加者の方がデジカメを持参していたのでいただきました。
他に人がいない静かな谷を満足していただけたと思います。
人面橋のところで「人面橋ダム」建設が行われている関係で車止めが出来ています。うっかり中に入れると鍵をかけられて出られなくなります。(工事は五時までそして鍵をかけているようです。日曜日は1日開かないそうです)

09/14/2004 百名山「開聞岳・韓国岳」
鹿児島の開聞岳と韓国岳に行ってきました。
霧島の韓国岳は台風で頂上の「指導標」が根本から折れていました。黒豚の「しゃぶしゃぶ」が美味しかったです。

08/21/2004 甲府/幕岩
5.10a/bのクラックです

「森の散歩道」エリアの「深海の幻想」の終了点上部、子供の体ぐらいのスズメバチの巣が風に揺れています

08/12/2004 甲府/幕岩
「カムデバイスのセット」の仕方をテーマに1日行いました

メルヘンランドの「ジューンブライド」終了点左側ボルトの15センチ左に子供の拳ぐらいの蜂の巣が出来ています

08/10/2004 北アルプス錫杖岳前衛フェース「左方カンテ」
天気が悪い中、登攀終了まで何とか持ってくれました。
写真は懸垂下降中です。

08/08/2004 北アルプス/赤木沢
薬師沢小屋は、今年一番のコミ具合で宿泊者が100人を越えてたそうです・・・
小屋の受付横の柱に「小屋の傾き傾斜」、85°の表示が有りました・・・80°になると危険だそうです・・・
赤木沢は推定で年間100人もの人が遡行するそうで、沢の横に幕営禁止(環境問題について)の看板が立てられていました。環境汚染について無視できなくなっているようです。
小屋発5:45〜稜線11:30〜太郎平小屋13:30
写真は稜線直下のお花畑

06/06/2004 谷川岳/南陵
久しぶりにデジカメを持っていきました。
烏帽子奥壁南稜。写真は最後の垂直のフェース。

03/20/2004 谷川岳「東尾根」
東京は雨、八が岳は吹雪、ここ谷川は小雪でしたが、時々視界が見えました。
無名山塾の方と登りました。西黒尾根を降りるときは暗くなり、風が冷たかったです。指導センターに近くなったら空にはオリオン-星座がよく見えました。 お疲れさま。

03/14/2004 八が岳「硫黄岳登頂」
東京都山岳連盟主催の「雪山教室(冬山編)」のお手伝いで「硫黄岳登頂」。晴天でしたが、風が冷たくて・・
同時に「アイゼンワーク」「ピッケル使用」「セルフレスキュー(ハイキング対象)」「滑落停止」「ビーコン使用」を行った・・・「参加して良かった」と言っていただいた。
「技術」を繰り返し繰り返し練習して自分の物に。

02/28/2004 西上州・荒船山/相沢「エイプリルフール」
今年は氷のシーズンが終わってしまったかのような暖かさで・・・
「アイス」が出来るか心配したのですが、最後の無名山塾での講習を無事する事が出来てホットしています。
もっと色々教えたかったですが一応「基本」で今シーズンを終えました。参加された本科生の方々お疲れさまでした。

02/14/2004 谷川岳「雪洞」
東京都山岳連盟主催の「雪山教室(冬山編)」のお手伝いで西黒尾根にて雪洞ビバーグ中。
場所の選定が悪くて木の根っこに悩まされるも何とか快適な雪洞が出来た・・・お疲れさま。

02/11/2004 西上州・荒船山/相沢の氷柱
久しぶりに相沢に行く、21日講習をやることになったのだが・・・記憶が定かでないので下見にいってきた。
登山道を一時間半歩いて左にトラバース、やっとたどり着いた・・・遠い?!・・・昔は何とも思わなかったが・・・アプローチが遠いと感じてしまった。
先行パーティがいたので左側を登る。

01/24/2004 日光・雲龍爆
栃木労山の中級登山学校の有志と栃木が誇る「アイス・ワールド」雲龍爆へ・・・
すごい氷柱がざっと数えただけでも雲龍爆以外に3本!  氷の状態は、例年より貧弱だそうですが・・・
今度行くときは自分自身に「ネジ」を巻いて行くべし!!ぜひ!登りたい!!、と思ってしまった。

01/18/2004 谷川岳天神平「雪訓」
栃木労山中級登山学校の「雪上訓練」、当初登山センターの上でやる予定が、あまりの快晴で「天神平」で実施!! 良い思い出になりました。

01/10/2004 八が岳「大同心ルンゼ」大滝
吹雪の中、登る・・・抜け口で水口を開けてしまい・・・ビショビショ・・・濡れているところから凍りだして・・・

11/02/2003 秋の二子山「中央稜」
紅葉が綺麗で、頂上にはたくさんの方が秋の二子山を楽しんでおられました。3P目(核心部)、混んでいたので右のフェースを登りました。右側にオリジナルルート核心部のクラックが見えます。

10/07/2003 韓国「インスボン」2003年秋
4日間という日程で、フルに韓国を楽しみました。岩登り初心者の方と1日1本と言うペースで友情B・インスBを登って、最終日は、韓国エステ、ショッピング、松茸!! エンジョイクライミング・イン・インスボン!!
写真はインスボン頂上、バックに白雲台が見えます。

09/23/2003 谷川岳 「凹状」
前日の台風の雨と寒気で壁が乾ききれず登攀時間がかかってしま いました。終了pm2時。参加者は谷川岳の登攀は初めてのため今後のこともあり北稜を下降した。出合に戻ったのはpm8:30。
ヒョングリの高巻きで支点にワイヤーをセットしたりして時間がかかったと言うこともありましたが、参加された方にとっては意義深い物があると思います。

09/20/2003 北八が岳 蓼科山
ヤマケイ・無名山塾カルチャー教室主催の登山リーダー養成講座。
一日目キノコ狩りそして2日間通して緊急時の応急手当と救助技術。朝早くから蓼科山荘の女将さんがローソクの光で朝食の準備に追われていました。

09/19/2003 二子山 中央稜
静かな山行でした。3P目は、バリエーションを登りました。

09/16/2003 小川山/屋根岩3峰神奈川レモンルート
無名山塾主催の講習で行ってきました。参加者はマルチのクライミングは始めての経験で頂上では感激していました。タイトロープ時、自己確保を自分でセットしていただいたのですが、太いだけで「枯れている木」に取られたので注意をしました。「危険」の認識を理解していただくことが、安全につながると思います。

09/14/2003 小川山/砦岩「海中エレベーター」「小川山シャンシェ」
無名山塾主催の講習で、砦岩「海中エレベーター」「小川山シャンシェ」という2Pのルートでマルチの練習。トップのデバイスを一旦回収後、自分でセットし、自分自身のザイルをセットし、テラスでセカンドをあげる。2P繰り返し後、懸垂を2回する。
終わったのが、暗くなってから・・・お疲れさまでした。テント場に戻ったらみんな「食事」が終わっている状態。

08/24/2003 利根川・宝川「ナルミズ沢」
栃木県勤労者山岳連盟主催の中級登山学校のお手伝いで、ナルミズ沢に行ってきました。「ナルミズ沢」は「怖い」沢という感じを受けました。
表面は非常に「女性的」なのですが、「技術的に難しくない」反面、逃げ場の無い・・・ビバーグの選定が難しいです。野生の「アヤメの群生」等、花の宝庫でした。ケバケバしくないのですが・・・種類が多いですね。

帰りは、豪雨→親指位のマシンガンあられと「台風並の突風」で車が揺れ、木の枝まで飛んできました。
沢の中にいたら一コロです。
野木山想会仙石さんのHPに報告が記録されています。 http://www.intersky.ne.jp/~hiro-sen/index.htm

06/08/2003 谷川岳衝立岩「ダイレクトカンテ」
衝立岩に行った・・・ルートが変質して・・支点が抜けたりしていて非常に悪い状態。(昔登った「A字ハング」ルートのような感じ)5級を越えるフリーの部分もあった。初めての本チャンの「人工ルート」入門として選んだのだけど最悪で、選定間違い。結果3Pで降りる事になった(空中懸垂となり、しかも50mザイルでないと届かない)、自分自身としてはルートを登る事よりも遙かに学ぶことがあったのではと思っている・・。「課題」がいっぱいできたのでは?技術的な事柄はともかく、悪い状態、時間的にも「突っ込むか敗退するか」・・パティーとして?メンバーとしてどうするか?・・下降のセット(衝立スラブを降りた、全部で6P)を参加者にして貰う時間がなかったのが残念。
参加者が「自分に何が必要か」考えるむきっかけになったと思う、トレーニングを自分の物に。色んな経験を積んで「力」あるクライマーに!!

03/16/2003 八が岳「摩利支天氷柱」
谷川岳中止で八が岳に行きました。

10/13/2002 明星山
10月12〜13日左岩稜・フリースピリッツに行きました。

09/12/2002 Korea「仁寿峰」
悪天候で寒かったですが、4本登りました。写真は、「ソーミョンスラブルート」のバリエーションルート「ファンタジーエクスプレス」(75m、3ピッチ)です。

08/25/2002 瑞牆山「大ヤスリ岩」
「大ヤスリ岩」のピークに立ちました

07/29/2002 夏だからこうなった
「赤木沢の後のグルメ」

07/30/2002 錫杖岳.前衛フェース「注文の多い料理店」
下から見上げた、ルートの全景。よく頑張って登ってくれました。

07/28/2002 黒部「赤木沢」
大滝で

07/21/2002 小川山屋根岩「セレクション」
初マルチピッチ

04/29/2002 十二ヶ岳の岩場
岩質は城山「南壁」の様な感じの岩場です。エリアは確認できたところで2箇所。手前は一番長い所で40m位、奥にあるもう一箇所は簡単で70M位?・・・短く切って三ピッチ?らしいもっとおくにもう一箇所岩場があるそうですが・・・ 。 
岩場はフェース主体で全体的に逆層気味ですが、フリクションが良かった。今回登ったところはランナーの位置が悪く「精神的」に強くないと登れなかったので・・・
「初心者〜中級者」と言うわけには行かないように思いますが・・・他のルートも機会があれば登りたいです。 ビックウォールの堤さんが整備したように聞いています

04/16/2002 谷川岳六ルンゼ
敗退

04/02/2002 韓国「インスボン」
2001年秋の記録

04/02/2002 アイスクライミング/八が岳「美濃口角木場地区氷爆」
八が岳で最高のアイスゲレンデ

TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -