[]-50/親
『アバランチ講習(検定)』(2004.2.26)
オジサン

最初--IルトボックスX1は、性能のばらつきが大きく、みんなで一斉に
> 使ってみると表示される情報が、それぞれ違っていることが、北海道雪崩研究会
>の調べでわかりました。北海道雪崩研究会ではX1を推奨することをやめました。
「ビーコンのオルトボックスX1」機種はあくまでもそれ自体としては個人で使う
物ですがら個体の性能差はあまり問題にはならないと思います。ただ講習会等で使うとき「個体差」が出るのは?と言うことです。これから買われる方はピーブルという機種が良いと思います。これは私の講習会で使ったときの感想です。(デジタル6種類の最近機種を試しました)

アバランチについては2月の雪質が一番勉強しやすいです。(色んな雪;新雪・こしまり雪・しまり雪・しもざらめ・こしもざらめ・ざらめ・表面しも・氷板。そして変態を確認するというとが出来るためです)
雪崩に遭わないよう勉強をするという事と、雪崩に巻き込まれたときにどう対応するかと言うことは別なことです。まずは雪崩に遭わないことが大切です。
ビーコンを持っていれば良いという物ではありません、不幸にして雪崩に巻き込まれたときスコップ・ゾンデ棒の三点セットを「セルフレスキュー」を主体として勉強し、繰り返しトレーニングすることはすごく大切です。実際捜索の時間が半分まで短縮できます。(命の重さの「時間」ですが・・・)今年のアバランチ講習は終了しました。来年もまた実施したいので皆さんの参加をお待ちしております。
-->続き

02/26 15:44
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai