[]-46/親
アイスクライミング講習会(2004/1/20更新)
オジサン

最初--参加者のように何らかの工夫(滑り止め)が必要です。「取手」のプラスチックはネジ3本で繋ぎ固定しています。このプラスチックの部分は、BVの様にゴム系にするとか(BVの取手は素晴らしく工夫がされていて感心しました。)改良が必要で、初めての方は、一度持っただけで他の種類を選びます。又、取手が二段になっているという事は使っていれば「多様なテクニック」を可能にする事ができると感じさせられました。この部分が改良されれば、「引っかけ」だけでなく、打ち込みでも十分使えると思います。
★BVの「Viper」
この値段で評価は文句ないと思えます。あえて言えば、刃がコブラのものを使っているのですが(コブラ持っていないので比較はできませんが)、この刃の下刃が抜くときに引っかかり、石突き側で上下に抜くよりもピック側を持つと簡単に抜けるのが気になります。ピック刃を鋭角にするという事と下刃の2番目を少し落とした方が良い様に思いました。
★グリベル「トップ・マシン」(昨年モデル)
シャフトの細さは凄く良いです。二つある大型のフックは「上下の位置」が大切で、シャフトに吹き付けていた粉(滑り止め)が取れるので今年のモデルからはテープが巻かれているようになっていると思います。ただ、二つある大型のフックは、「エルゴ」の二段よりも多彩な使用は限られます。が、「リーシュ」を不用にする位楽です。この刃は、3本の中ではロック「フック」(ピックを岩に引っかけるテクニック)では、一番良いと思います。初めてアイスクライミング(バーチカル)をした方が、3本の中ではこれを一番気に入ったようです。

▲手袋はお持ちのものを色々試して頂きました。

> 講習会で使用させて頂いたグリベルを購入検討しているのですが、これは石突きが
>ついていなく、コンペ用だそうですが、どういった不具合がありますか。
石突きがプラスチックです。刺したりはできません。
又、アルパインクライミングで使う「スタンデングアックスビレー」等か゛出来ません・・・シャフトが弓形に曲がっていて、滑り止めがじゃまをして雪の中に差し込めないです・・・
アプローチで石突きを使わないような所は問題ないと思います。ウォーターアイスクライミング(凍った滝)だけなら問題ないと思っていますが・・・
今年のグリベル製品はフルモデルチェンジになっています。私の持っているのは昨年のモデルで「トップ・マシン」(「トップウイング」というのが今年のモデルです)と言うのですが、石突き部分がプラスチックでないのは(滑り止めの出っ張りがついてはいますが、)「テックウイング」というのが今年のモデルです。

> コンペ用のものは、これからまだまだ発展するでしょうから、
> これが、通常のバイルのモデルにもこれから反映してくるでしょうね。
私はコンペモデルがウォーターアイスクライミングでは(当たり前に)使用されていくのではと思っています。「リーシュ」を使うかどうかは別としてです。本当に楽ですし、クライミングのムーブの面白さも感じる事ができる気がします。
又、一度でも「リーシュ」(コンペ用モデル使用という事が前提ですが)を使わない経験をされた方は、フリー・クライミングの楽しみを味わう事ができるように感じます。バーチカルアイスですと「リーシュ」で手首が締め付けられて血行が悪くて手の感覚が無くなる経験をしていると思いますが、こういう事は無いです、手を下に下げて回復するという事もできます。

★ハンマー部分
BV以外は取り外しても大丈夫でした。グリベルのモデルはもう少し使い込んでみないと分からないのですが、結果、この事によって「エルゴ」のバランスは改善されると感じました。むしろ私はこのシャフトが曲がった形のものはハンマー部分がバランスとの絡みだけで取り外すかどうか判断すればいいと思っています。(力の無い方はむしろ取り外した方が良いように思います)。ハンマー部分は「実用的」とは言えず私は打ち込み用ハンマーを別に携帯しています。
グリベルの今年度のモデルはピック・ハンマー部分の取り付け部分を(昨年度のモデルから)大幅に変更をしているように思います。そのためにハンマー部分を取り外して使用できるかどうか分かりません・・・昨年モデルの取り付け部分はこれら3種類の中では一番アバウトな感じでトラブルが起きやすかったです・・・(錆びたらオスネジとメスネジを押さえ外すのが理想ですが、一ひねりしないと・・簡単ではありません)

★「リーシュ」について
グリベルの今年のものは使用しませんでしたが、「良いもの」と思います、ただ、実際使用してないのでコメントは・・・シャルレの「クオーク」用のワンタッチのタイプも今年度は、外れやすいと -->続き

12/06 10:46
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai