[]-46/親
アイスクライミング講習会(2004/1/20更新)
オジサン

最初--」によって「常識」が間違っている事が明らかにされています・・・、未だに日本の中に根付いていません。詳しくはロストアウロー社HPのサポート> 製品使用上のTips > ウインタークライミング >スクリューセッティング時の注意
http://www.lostarrow.co.jp/support/index.html

○アイスアックスのテストの報告2です。
BVの「Viper」・グリベル「トップ・マシン」(昨年モデル)・シャルレ「エルゴ」についてですが、材質等について専門家でないので「感覚的」にシャルレよりグリベルが堅い、と言う具合に断定していたのですが・・・気になって、色々試していました。
問題意識は。ピックの先の「高さ」はシャルレが一番短いです、それとその高さの1.5倍のグリベルを単純に比較することがまちがいだと気づいていること。氷に適する「刃」は、刃先が「点」で氷にあたると言うことだと思いますが、その後はやはりピックの「高さ」なのでシャルレが一番氷に相性が良いと思っています。
グリベルをシャルレの「高さ」まで削ってテストするのが一番わかりやすいのですが、その勇気はないので、少し使い古したシャルレの刃とグリベルの刃を使いました。BVは柔らかいので、使用する気にはなれなかったので・・・クラックにジャミングをするという練習中にシャルレの刃は折れて、グリベルの刃は曲がっていました。私の持っているものがたまたま、そう言うもの(金属疲労等)だかもしれませんが・・・もう一本テストする気にはなれませんが、感覚的にはシャルレの刃の方が焼きが入っていて堅いのではと思います。
★シャルレ「エルゴ」
最終確認が出来ていないのですが、軽量化モデルが出るようです。(来年度?)ワンタッチ「リーシュ」のニュータイプは年明けか、来年度に出るようで、上から掛けていたものが横から引っかけるものに変わるようで(外れやすいと言うことでの改良だと思いますが、現行タイプの方が良いように感じるのは私だけでしょうか?)、現行タイプは「製造中止」?。現行モデルも2代目になっていて細かく変更になっているのですが、先週、都内の店で初代タイプのものと2代目を一緒にを売っている店がありました。
★新しいアイゼンが出回ってきています。シャルレのコンペモデルなど・・・靴に直接着けるものなども(ボルト等で)入ってくるようです・・・

●アイスクライミングの習い事(2)(第┃ 117┃回┃『今年もよろしくお願い致します。』(2003/1/4)<長文>より)
>  アイスクライミングですが、参加するには道具を揃えなければなりませんが
>  どのメーカーのどのような物を選んだら良いか判りません

講習会に参加する場合、今お持ちのものを持参していただけたらいいです。此方では最新のアックスを購入して揃えています。使用されて結構です(ピックなどの破損などについては実費をお願いします)、使用していただいて気に入ったものをお店で購入される場合、私なりに手を入れていますので、講習会での使用感とは異なると思いますが、一つの目安になるとおもいます。又、最近の昴メールで代表的なもの(アイスアックス)については参加者のレポートしていますので一つの目安して下さい。

>  前回のメールで御説明がありましたが、初心者には一式揃えるには
>  余程の決心がいります。
アイスクライミングは「道具」の世界です。
ロッククライミングをするのに素足で登る事と専用靴で登る事ぐらいの違いがありま
す。初心者の方は最新式のものを使うことが上達のコツですよ。又、気に入ったものを自分なりに使いやすいように手を入れてアレンジし、使いこなせるようにしていくこと
が次のステップに繋がります。

> クォークのピックはちゃんと研ぎましたよ。
難しいですよね・・・研ぐ(研ぎ方)という事は・・・
ドライフッキングをする時、アイスをする場合以上に研ぎ方が難しいです。
具体的には、私のHPのリンク集のLost ArrowのHome>Support>製品使用上のTips>ウィンタークライミング>ピックのメンテナンス に「先端の角度」が45度〜90度の説明。
それと HIGH MOUNTAIN SPORTに掲載されている
http://www.planetfear.com/climbing/highmountainmag/equipmentnotes/november2002/nov02.html
の様に NEW PICKを MODIFIED PICKに改造 又は EXTREME PICK に改造する仕方は参考になります。

> 他のガイドの方の講習を受けた事がないので比較出来ませんが登り方については
> 目から鱗という言葉がぴったりでした。
> 今までの登り方は何だったんだ〜と言う程腕の負担は減りました。
> 講習を受けた甲斐があったなぁと思いました。
そう言っていただいて嬉しいです。

> フィフィとギアラックについては自分でも前からどうしたものかと悩んでいる
> 状態でした。フィフィは1個にし、落下防止紐はゲレンデでは外して・・・
個人的には、(フィフィを使う場合は)フィフィは二個あった方が良いと思います(アックス二本に均等にテンションを掛ける様にする方が良いと思いますから・・・あと、ブラブラはまずいので携帯方法は工夫が要りますよね)、お持ちのフィフィはあまり実用的ではありません・・・(私の使用している改造フィフィをエキスパートジャパンさんに製造してもらえないか現在検討してもらっています;それまでに欲しい場合は個人的に連絡下さい。作成しますから)
ギアラックは冬は必要です。ハーネスに直接色んな物をぶら下げるとアイゼンに引っかけアクシデントの基になりやすいです。
落下防止ヒモはリーシュを締めるという習慣を付ければ不必要です。(冬壁を除く)勿論、ワンタッチの「リーシュ」がベストです。ワンタッチが嫌いな場合は宮崎さんの考案されたような「リーシュ」輪っかに手を入れて一回、廻して固定・解除する方法が良いです。

> 要望としては最後に今日1日登って何処が良かったのか悪かったのかを
> その場で言って頂けたらと思いました。
完璧には難しいので感想・要望をいただいて答える形で補強出来ればいいと思っています。

> リードした時の状態やスクリューの打ち方はあの様で良かったのでしょうか?
> 改善すべき点等有りましたらこ教示ください。
「リーシュを締め」て・・・形としては、(フィフィを使用しない場合は)右手にぶら下がるのなら、右手と左足が一直線になる方が良いです(手は伸ばしますが体がのびきらない様にします)右足はバランスの関係だけになります。

> 今回の小滝はボコボコ状態で特に苦労もなくスクリューが入って行きましたが
> 普段はもっと大変なんでしょうか。
氷の状態にもよりますが、スクリュウを廻す道具がないと硬い氷は大変です。

> ゲレンデとロングルートのどちらが好きですかと聞かれましたが
アルパインの(氷)ルートとアプローチが問題ないウォーターアイスとどちらが「目標」なのかなと思ったのですが・・・それによって道具も若干工夫が異なってくると思います。

> ガイド山行で本ちゃんに行くというのは やはり抵抗があります。
我流ですと時間が掛かります。講習会は「体験」という面と、レベルアップという面と二つあると思います。
アルパインの場合、1つのルートを登るという事は様々なテクニック・判断力等総合的な経験を要します・・・
ウォータアイスの場合は、ゲレンデの延長で良いと思います。
技術レベルを上げるには、「トップロープ」が有効です。
傾斜の寝たところでのごまかしではレベルを上げる事は出来ないと思っています。

リードの場合、氷の場合は、その危険性をつまり「質」を理解する事が必要です。
しっかりとした氷の場合どんなにたっていても「プロテクション」を取る事は可能です。
思い切ったムーブも出来ます。でも、一般的には氷柱の集合体で脆弱なプロテクションしか取れません・・・それ故にテクニックのレベルを越える所の領域については、講習会のレベルをはみ出します・・・(テクニックを取得する事は前提ですが)この部分は個々の経験の積み重ねだと思います。「ゲレンデでちゃんとリードが出来る様」という事は以上の事を考慮してただきたいと思います。
今は、山岳会ではテクニックを学ぶ事が難しいと思います・・・又、学べても、一昔のテクニックを(現代のテクニックから見て)を平気で教えています・・・
フリークライミングがクライミングの歴史を変えたように、アイスクライミングのテクニックを正しく理解する事が必要だと思っています。私自身、そう思っていますので最新式のアックスを買いそろえました・・・
道具がアイスクライミングの場合テクニックを学ぶ事と同じ位大切です・・・

> パートナーが見つからない時はガイド山行も考慮したいと思っています。
"昴"の場合はガイド山行なのか個人的には?です。
私も、一緒に登ってルートをエンジョイします。リスクも分かち合います・・・そんな感じです。

第┃ 144┃回┃  『氷、まだですね』(2003/11/27)
氷、まだですね・・こういうときはフリークライミングですね
マー、「氷」テーマで今年の冬は行こうと思いましたが・・・チョトがっかりですが
・・・
道具等も出回ってくるので「興味」で色々書いてみます。

バイルは前評版でブラックダイヤモンドからのコンペモデル(フュージョン 690g)が注目されています・・・取手はいいです又、刃形状はこれからは「このタイプ」(フュージョンピック 先端・上に刻みが付いている)になると思います、ただ、個人的に重いと感じています。昨年出たバイパー(645g)はやはり刃の形状で抜けやすかったと言うことも有り、今年は「刃」が「コブラピック」から「レザーピック」にアップバージョンしています。刃だけ買おうかな・・・
グリベルから出るモデルは取手がウッドになるようです・・・(まだ現物見ていません)
私としては今の段階では、・B -->続き

12/06 10:46
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai