[]-46/親
アイスクライミング講習会(2004/1/20更新)
オジサン

最初--本的な事、「歩行」について学んで貰いました。(ノン・アイゼンで)
> ・がにまた歩き    
>  足を平行に置くと後ろ爪を引っかけない・・・知りませんでした。意識しないと
>  なかなかできなくて、後ろからの指摘がありがたかったです。慣れると同じペー
> スで歩けて疲れないような気がしました。
これは意識しないと身に付きません・・・又、疲れてくるとすぐ「さぼってしまいます」のでしっかり練習をして身につけましょう。

基本的な「アイゼンワーク」について学んで貰いました。
> ・フラットフッティング
>  小さな氷の斜面で谷向きで歩きました。とてもおっかなかったです。繰り返し練
> 習すれば大きな斜面でも谷向きで歩けるはず?バイルを打ち込んで手すりにすると
>あまり怖くありませんでした。
アイスアックス(ピッケル類)は、フラットフッキングを補助する事です。基本は漫
然とアイゼンを置くのでなく「フラットフッキング」をしっかりみにつける事に尽きます。

> ・滝登り
>  前回よりは楽に登れましたが、まだまだ腕が張ってしまいます。しっかりバイル
>を打ち込まないと気が済まないからでしょうか。過重していない方の足の置き所が
>わからず、大分無駄な力を使っているような気がします。身体の振り方もいまひと
>つよくわかりませんでした。バイルの違いはなんとなくわかりました。手袋はただ
>のウールのやつが一番暖かかったです。結構楽しかったです。
70度位までの傾斜ですと参加している方の道具をどう使用するかを練習します。
バーチカルアイス(垂直の氷)は、専用の道具の方が楽に登れますので、参加者がご自分のものを購入をする資料として、私の手元にあるお金で道具を買いそろえました、8万円もかかりましたシクシク。(「尾瀬トレック」さん、ありがとうございます)。
BVの「Viper」・グリベル「トップ・マシン」(昨年モデル)・シャルレ「エルゴ」のテストをしました。
グリベルの今年度モデルは予算的に購入できず、昨年のモデルしかテストできませんでした・・・シャルレの「クオーク」が判断のベースになります。

★シャルレ「エルゴ」
持ち方が多様に使えて、フリーをしている感覚により近くなりますが、取手が滑る?
ためにコンペ -->続き

12/06 10:46
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai