[]-42/親
明星山(2002/10/20)
オジサン

最初--く感じました。常にトップがどういう状態なのかという事を把握する必要があります)ただ、無意識にぬんちゃくかスリングを回収してしまったらしく、3番手のUさんには大変な迷惑をかけてしまった。ごめんなさい。また、あぶみを使うのをやめてフリーで登るときは、体勢が落ち着かず、あぶみの回収にとまどった。どこであぶみをやめるのかが難しい。4p目、なんとなく登る。失神テラスに着く。ここは狭くて落ち着かない。5p目〜大岩、今までかなりもたおもたしていたので、急がされて登る。睡眠不足もあってか、あまりよく覚えていない。浮き石がたくさんあったのと、枯れた松の木がとても印象的だった。下降路は、結構危なくて、楽ではなかった。登れたけれど、あまり緊張感が持てなくて、反省ばかりの一日だった。
・フリースピリッツ(10月13日)
今日は4時に起きて取り付く。すでに先行パーティーが取り付いている。1p目は草付きのトラバースで、落ちたらまずそうだ。朝一番ということもあってか、ここが今回で一番怖かった。2〜3?p目、昨日練習したかいあって、ビレイもスムースにできた。4p目、左へトラバースし、うめぼし岩?より右にむかう。うめぼし岩付近では、トップの新保さんがしばし行き詰まってしまう。予想外の展開にわくわくしてしまう。どうやらルートを間違えた?ようである。戻るのかと思っていたら、経験豊富な新保さんはハーケンを打って突破した。ハーケンて便利だと思った。(▲:エート登ったのですが残置が無く、しかも終了点が2・3メートルも下の方にあったのでラインを間違ったと思ってしまいました。が・・・、これが正規のルートでした・・・ハーケンを一本残置してしまいました。ラストが回収をしていただけたら良いのですが・・・此処で時間をロスしてしまいました。)次に僕が登る。うめぼし岩に行くまでもちょっとおっかない。核心のうめぼし岩では、登ることはできるのだが、プロテクションをかけかえたり、回収したりするのが難しい。こんなとこをトップで登った新保さんはすごいと思った。うめぼし岩をやりすごしてからの右へのトラバースも、かなりおっかなくて、普通のフリークライミングみたいだ。(▲:このピッチはセカンド・サードの「力」も要求されますし、核心部でした。)しかし、ちょうどいいところに、残置のスリングがあったりして、迷わずつかんでしまう。(▲ -->続き

10/20 18:24
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai