[]-41/親
救助訓練(2003/10/23更新)
オジサン

最初--した。とても大事な事なので誤った覚え方や ####だったっけ? なんて覚え方では更に悲惨な結果にもなりかねないのでしっかり覚えたいと思います。レクチャー内容をまとめました。

必要なものは8〜9mmのマッシヤー用スリング3個((注 4))とプーリー((注 5))と環付きビナ3個(内1個は確保器についているものを活用)

ダブルロープを使用して登攀中トップが墜落。中間支点のすべてが破壊された、確保支点は大丈夫だったが、確保支点の20m下に落ちた、墜落者はどういう状態か不明(負傷して動けない状態で、引き上げる事を前提)と言う想定。(なお、支点確保が前提です)

1.トップがぶら下がっているダブルザイルを仮固定します。このときの仮固定は、確保器からでているロープを折り返すために、カラビナを1枚確保支点に付け足してこれで行います。(注 6)最後は「エバンス結び」(止め結び)で末端処理します。(確保器によって仮固定の方法が異なります。上記は「ルベルソ」類を使用していることを想定しています。)
2.確保支点の安全性を良く確認します。必要なら補強します。
3.確保者は結んでいるメインザイル2本を解除するために、セルフビレイをハーネスから2本枝(スリング・デジーチェーン等)をだしてつくります。セルフビレイを取って、ハーネスからメインザイルをはずします。 
4.確保器の中のダブルザイルの内、墜落者と直線的な方の一本<A>をマッシャー<M1>で仮固定します。(これが強度的にも又、システム全体の中でも大切なものになりますので7mm〜8mm位のスリングのマッシャーを使用します。(注 1) )セット時の注意は、確保支点に直接、環付きのカラビナ使用しザイル<A>のマッシャー<M1>を連結する事。(カラビナとカラビナの結合は避けること。シュリンゲで長さを調整し短めに取る。マリーナノット類))
5.ダブルザイルの内マッシャーで仮固定していないザイル<B>の末端を確実な2カ所以上に連結した支点に固定します。これが、バックアップ用になります。この<B>の適度な長さを取ってエイトノット類を作り救助者(確保者)のハーネスに安全環付きビナ類で連結する。(注 3)
6.<A>のザイルのプーリーを挟んでマッシャー<M1>側でない方にラッペル用ツールをセット、その上にマッシャー<M2>を作り自己のビレイループに連結する。(長さ注意:これで登り返しをします:なおこのマッシャーと連結するのは3.のセルフビレイをハーネスから2本枝をだしてつくったモノの1つを使用)
7.4のマッシャー<M1>が確実に働いている事を確認して(念のため<A>ザイルの一部を確保支点にインクノット類で仮固定しておく又は7.でのバックアップ用ザイル<B>と<A>のザイルのマッシャー<M2>と確保者のビレイループを連結してから)1.の仮固定を解除し、確保器を外し、安全環付カラビナ付きプリー(滑車)をメインザイル<A>にセットし、「1:1」オートブロックシステムを作る。(注 2)

8.<A>ザイルでラッペルを行う。(懸垂ロープの末端も結んでおく事。)バックアップ用ザイル<B>の微調整をしながら下降。墜落者の場所まで(ザイルの下降できるところまで下降して)いけたら、墜落者と救助者をスリングで(3.のセルフビレイをハーネスから2本枝をだしてつくったモノの残りの1つを使用)連結する。なお、一連の作業は、確保者のラッペルの仮固定(マッシャー<M2>がメイン)が効いていることを確認の上で行う。結果、バックアップ用ロー プ<B>に救助者(確保者)・負傷者共連結された状態になる。(負傷者の状態によって連結のスリングの長さを考える)以後、バックアップ用ロー プ<B>の微調整をする事。
9.連結ができたら引き上げ作業に入るためにマッシャー<M2>の下に更にもう一つマッシャー<M3>を作り(ラッペル器を取り外す)それにスリングをつなぎ末端にループを作って足を入れたち込む事によって(登り返し)、自己の体重で負傷者を押し上げる。「1:1」方式 バックアップ用ザイル<B>の微調整。
10.墜落者の状態によっては(特に傾斜の緩い所など)、墜落者のビレイループを持って引き上げてやると楽にあがる。(カウンターウエイトを使うので自身は下がる)
11.これを繰り返し、墜落者を引き上げる

(注 1) マッシャーの作り方:大きさは2mのロープの一方の芯と外被をキチンと分け、芯を約40-50cmつまみ出して切ったものを使用。
(注 2) 同一ロープ(支点)に墜落者と救助者2名分の重量がかかるので安全性について十分な吟味が必要
(注 3) 注1の支点とは別個の支点の方が望ましい
(注 4)  <M1>はマッシャーで有ることが良い。3つの「オートブロック」(マッシャー>プルージック>クレイムハイスト)の内、スリングの強度が最も生かされるため。又、此処の強度が必要なため8〜9mmのマッシヤー用スリングとなる。<M2>は8〜9mmのマッシヤー用スリングがベストで、自己登り返しに適したもので有れば良い、<M3>は強度的に必要なものではない。
(注 5)ペッスル製オートブロック用が最良と思われるが、実査で一般のものはマッシャーが旨く合わないことあった。マッシャーのセットの仕方・様々なメカーのプーリーをテストすることが必要と思われる。プーリーの代わりに同型の変形Dカラビナ4枚を使ったがパーティが2人の場合は「1:1」は動かなかった。パーティが3人の場合は支点にいる1人が手を貸せば「1:1」は動いたが・・・見えないところだと・・・結果プリーがないと難しいと感じた。
(注 6)このカラビナをつけるポイントですが、確保支点のしっかりしたピンに直接つけた方がいい。確保器をつけているのと同じ位置に、こ -->続き

10/14 22:21
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai