[]-41/親
救助訓練(2003/10/23更新)
オジサン

最初--ト、滑車を通したロープを引けるところまで引き(下側のオートブロックに加重を移す)、力を抜いて上のオートブロックに加重を持たせる。そして、下のオートブロックを下げられるところまで下げる。以下、繰り返し。
▲「滑車」はオートブロック用のもの(ペッスル製「Swing side prusikpulley」)を使用することが間違いないです。

(N)>*1:1
(N)> 仮固定し、メインロープ以外でセルフビレイをとります。仮固定の下でオートブロックをセットし、さらに支点に連結した滑車にロープを通します
▲ザイルを滑車にセットしてから支点にセットします。

(N)>自分のハーネスからロープをほどき、その末端を支点に固定します。
▲自己セルフを二本出してそれぞれ掛けてから、ロープをほどく。

(N)>次に、滑車から垂れているロープにオートブロックをセットし、スリングを介して自分のハーネスに連結します。その下に、足用のオートブロックをセットしておくとなおよいでしょう。墜落者側のロープが切れたときのために(どこが切れるのですか)、
▲墜落しているのでザイルが痛んでいます。切れる恐れがあると言うことです。墜落者まで行けたらその人と自分を連結した方が良いです。

> 墜落者のロープにオートブロックをセットし、これをどこにつなぐのでしたっけ? あとは実際にやっていないのでうやむやです。
▲次回しましょうね。

(N)>**感想**2回も教えて頂いたのに、まだ不明瞭なところがあります。練習してみようと思います。
▲繰り返し、繰り返しする事が必要です。で、いざというときに使用できる事が大切で
す。

(N)>8mmのスリングでマッシャーをつくろうとしたのですが、スリングをつくるときのテープ結びの結び目がゆるんでくるような気がします。また、太くて巻 きづらいです。(芯を出して切ってはいません)7mmではだめですか。
▲大丈夫です。


第┃ 126┃回┃ レスキュー内容(”昴”式「1:1」)(2003/4/15なお、5/23に内容を校正)
●4月13日講習<基礎>レスキュー内容(”昴”方式「1:1」)の報告
前日の雨で広沢寺は濡れていたので乾くまでレスキューを行いました。

参加者の報告です。 (Kさん)  
久しぶりにレスキュウ−のレクチャーが有ってとても為になりました。とても大事な事なので誤った覚え方や ####だったっけ? なんて覚え方では更に悲惨な結果にもなりかねないのでしっかり覚えたいと思います。レクチャー内容をまとめました。

必要なものは8〜9mmのマッシヤー用スリング3個((注 4))とプーリー((注 5))と環付きビナ3個(内1個は確保器についているものを活用)

ダブルロープを使用して登攀中トップが墜落。中間支点のすべてが破壊された、確保支点は大丈夫だったが、確保支点の20m下に落ちた、墜落者はどういう状態か不明(負傷して動けない状態で、引き上げる事を前提)と言う想定。(なお、支点確保が前提です)

1.トップがぶら下がっているダブルザイルを仮固定します。このときの仮固定は、確保器からでているロープを折り返すために、カラビナを1枚確保支点に付け足してこれで行います。(注 6)最後は「エバンス結び」(止め結び)で末端処理します。(確保器によって仮固定の方法が異なります。上記は「ルベルソ」類を使用していることを想定しています。)
2.確保支点の安全性を良く確認します。必要なら補強します。
3.確保者は結んでいるメイ -->続き

10/14 22:21
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai