[]-41/親
救助訓練(2003/10/23更新)
オジサン

最初--[ネスとつないでいるオートブロックを上に引き上げ、これに体重を移動して足側のオートブロックを引き上げる。以下、この繰り返し。

(N)>*吊り上げ(1:2)
(N)>確保器のところで引き上げるロープを仮固定し、フリーになった方のロープに滑車をセットし、これを仮固定されたロープにロック付きのカラビナでかけ、墜落者に滑車 を送る。このとき、ロープの末端はこちら側にあるようにする。次に、その末端側のロープにオートブロックを付け、これを長いスリングで支点?と連結?
▲はい、これが吊り上げ者の「セルフビレー」に相当します。

(N)>あとは、引き上げて、オートブロックを向こう(吊り上げ者側に)にずらす作業を>繰り返す。

(N)>*1:3
(N)>仮固定し、そのすぐ下にオートブロックをセットする。さらに、そのちょ
っと下にもう一つオートブロックをセットし、これにスリングを介して
▲スリングは要りません。安全環付きカラビナで滑車をつけます。

(N)> この滑車には、墜落者側でないロープの末端を通す。仮固定をそーっとはずし、上側のオ?ブロックに加重を移す。そして、滑車を通したロープを引けるところまで引き(下側のオートブロックに加重を移す)、力を抜いて上のオートブロックに加重を持たせる。そして、下のオートブロックを下げられるところまで下げる。以下、繰り返し。
▲「滑車」はオートブロック用のもの(ペッスル製「Swing side prusikpulley」)を使用することが間違いないです。

(N)>*1:1
(N)> 仮固定し、メインロープ以外でセルフビレイをとります。仮固定の下でオートブロックをセットし、さらに支点に連結した滑車にロープを通します
▲ザイルを滑車にセットしてから支点にセットします。

(N)>自分のハーネスからロープをほどき、その末端を支点に固定します。
▲自己セルフを二本出してそれぞれ掛けてから、ロープをほどく。

(N)>次に、滑車から垂れているロープにオートブロックをセットし、スリングを介して自分のハーネスに連結します。その下に、足用のオートブロックをセットしておくとなおよいでしょう。墜落者側のロープが切れたときのために(どこが切れるのですか)、
▲墜落しているのでザイルが痛んでいます。切れる恐れがある -->続き

10/14 22:21
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai