[]-38/親
日本山岳ガイド協会(2004/6/20更新)
オジサン

最初--しれません)
検定する方も、ツアー添乗員などが一斉に検定受講に動いていますので、何処までという検定「レベル」に頭を悩ましているということを聞いています
協会の上部の方々はガイド資格を「国家資格」にしようと努力しています
今後実施されようとしている検定は「国家資格」レベルという重さを持って実施されているということです。4月以降の「ガイド資格」と今までの資格とは「同じ資格」ですが「重い」物だという認識です
4月以降の「ガイド資格」獲得には大学入試と同じ様にお金がかかり、資格を取ることが難しいという認識です
趣味が高じて「ガイド」をされている方がほとんどだと思いますが、これだけ経済的にも時間的にも大変な努力を要求される制度に「ガイド」希望者が対応できるのか・・・
制度は発足しました。この制度を実施する方もまた、受験する方も大変です
屋久島で事故を起こしてしまったガイドさん(旧ガイド連盟を「離脱」した人と聞いています)の様に、日本山岳ガイド協会から離脱される方が出てくるかもしれません・・・
現在、資格を持っているガイドの資格は「既得権」ということで認めることが決まっていますが、3年毎に行われる「更新」は以上のことから厳しい内容が考えられます・・・ただ、「登攀」をしないガイド資格は登攀には直接関係ない「更新」になります
「登攀」をしないガイド資格で登攀の講習をしているガイドがいることは確かですのでガイドの講習を受ける側もガイド選択をキチンとする必要性はますます重要になると思われます

第┃ 150┃回┃『ガイド資格』(2004/1/23)
ガイドの資格が大変変化しています。
昨年、社団法人日本山岳ガイド協会が発足するまでは、「上級登攀ガイド」「山岳登攀ガイド」とうの資格は、加盟団体が行っていました。(「過度期」と言いってしまえば、しょうがないですが紙切れ一枚で資格を取れていました)今年、4月からはすべてのガイド資格の認定を「協会」でする事になり。一般に公開されることになります。つまり検定が公開され、検定内容=検定結果が公開されることになります。現在細部について最終の詰めに入っています。
そうした検定を受ける研修=講習は「協会」のマニュアルに沿って各加盟団体がやることになります。
これって大変なことです。今までは、我流で教えていたこと「・・・方式」とい -->続き

07/08 21:02
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai