[]-37/親
登山教室(2002/5/17更新)
オジサン

最初--ッシャーマンノットできっちりと・・・結び方は他にあり(ザイルの径が同じ場合は8の字、インクノット。径が違う場合、スクウェアノット&ダブルフィッシャーマンノット。(注意)スクウェアノットはザイルの端が互い違いにならないように)・・・引くロープを下側にすること(ザイルの結び目も)・・・ロープを大小に振分けてまとめ(半分は足元でもよい)ロープダウンを叫び、上に向かって投げる。ザイルの仮固定を解除する。
ロープセット動作、ハーネスに確保器セットする(ロープを足で押えるとよい)。(注意)セットしたら、いったんロープを引き、体上げ、テンションかける。(テンションをセルフからザイルに。)セルフを解除する前に、必ず3点確認!!支点の確認。確保器の確認。ハーネスの確認。が重要!!確認が終わって初めてセルフを解除し、セルフ用のカラビナを懸垂ロープの「引く方のロープ」にかけて下り出す。
懸垂中の注意事項。一つ常に上を見てロープの流れ、クラックなど入らぬよう見ること。二つ降りる方向をみること。
下に着いたら支点を作り、セルフを取る(日本語は難しいセルフを取ると解除が同じ同音なので注意!!)。確保器をロープからはずし、引く側のロープを一度引き(ロープがチャンと回収できるか確認をする)、(確認が出来たら)戻す。(声が届かなくても、それで合図となる。又、下降中の動作を「感じるために」次の下降メンバーはザイルを軽く触っておく)。この時、支点に解除したロープをヌンチャクなどで連結しておく事。
何回かの連続した懸垂の場合、支点にロープを通しておくことですが、最後の人が下りた時点ですればいいのですね ・・・・不確認 ←質問:支点にロープを通す=次の懸垂セット?
▲いいえ、最初の時に懸垂支点に引く方のザイルを通して、引かない方のザイルもヌンチャクなどで連結した方が良いです。

10・「ロープワーク・ブーリン・ロープを張る方法・メインザイルのデージーチェーン」
ロープワークは、また時々実施確認したいです。

11・「ブルージック・ユマールを使っての上り返し」
ユマールセット時、安全のためカラビナかける。ブルージック操作は片手でできるように団子を掴んで。ロープを整理してセット、三回巻きか。(下の方を特に綺麗に)

12・「仮固定」
確保者側・・・エイト環の場合・・・左手でロープを押え引くロープを小さい穴に通し、(でも止まる。カラビナをかける。) ハーネスの足ループにカラビナを取り付けそこに結びつける(カラビナでとめてもよい)ルベルソの場合も同じですが、また確認させてください。

13・「携行品」
_アクシデント時の為、必ず「ナイフ」提携の事!!(直ぐ取り出せるところに!!)(ビクトリノックス製で笛と一体になった「クラシックホイッスル」は便利。又は、シンプルで軽量の「スーベニアAL」がお勧めです)ザックの天ブタに小型・軽量の「プーリー」又は滑車を一個入れておく事。
-->続き

04/25 21:11
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai