[]-37/親
登山教室(2002/5/17更新)
オジサン

最初--体を安定させ、カラビナのインクノットを締める事(締まる事によって環付きビナでなくても良くなる)。また、セルフビレーを取る長さは手が届く範囲にする事!!

4・「トップのビレイ(ダブルロープ)の仕方・・・エイト環で」
ダブルロープでの確保の場合、ザイルをエイト環にチョンボがけし、別のビナに一本のロープをかける。ロープの方向性と、ボディクッションを考えてハーネスにビナを掛けロープを掛ける(リターン)。ルベルソの場合も(リターン)同じ。
▲操作はルベルソの方が良いです。エイト環のチョンボ掛けはザイルが流れてしまうので、注意としてセカンドが登るときザイルが弛まないようにするという事と手袋を使用して下さい。(指の間にザイルを入れますから流れたりするとやけどしやすいです)特にダブルロープの場合、操作慣れの必要があります。出来ればみんなにルベルソを使用していただいた方が良いと思っていますが両方使いこなして貰った方が良いと思い敢えて統一していませんが、今後ルベルソを積極的に使用します。セットは常に絵の通りにセットする事。常に環付きビナを2個付けた状態にしておく事。大きい穴には「HMS」ビナで大きい物を、小さい穴には小型の環付きビナを。

5・「ダブルロープでのリードの仕方」
リード時・・・・逆クリップに注意 ex.アクシデントは上側のゲートが開く場合と下側のゲートが開く場合がある。クリップするロープを常にハーネスの元から掴む事(小指で押さえて)、クリップ方法は主には2通り有る・・・これはまた講習させてください。
ヌンチャクは、ビナが固定されていない方を支点にかけ、固定されている方にロープをかける。

6・「ランナーの取り方」
ランナーはカラビナを直接掛けられない・掛けてはいけない場合がある。シュリンゲを利用してランナーをとるとき片手でセットできるようにする・・・ランナーのシュリンゲはタイオフにしない。タイオフは回収に手間取るので出来るだけさける。
シュリンゲ・ヌンチャクのセット(持運び)方法
▲シュリンゲは長い物はビナかけにする。普通の物は「ヌンチャク」仕様にする。中途半端の物はビナに掛けてぶら下げ、片手で操作出来るようにする。また、肩から掛ける場合は結び玉を揃えておく。アルパイン時はハーネスにぶら下げず、「ギアスリング」を必ず使用する事。

7・「終了点に着いた時のトップの仕事。声が届かない場合。セカンドのビレイまでの段取り」
トップは、終了点についた時、(重要)最初にまずランナーとる・・・・確保支点は、2箇所以上からとり、対等に荷重がかかることを考えて、ひねること、結ぶ事等。(2・「支点のセットのしかた」参照)そこにメインザイルでセルフとる・・・インクノット・・ハーネス側を引かない。声が届く場合・・ビレイ解除!!・・・。届かない場合、ダブルザイルの内の一本のロープをとにかく5〜6m引く。(実際5〜6mも一本だけが一遍に引かれるという事はあり得ないので)ビレイヤーは解除の知らせと取って良い。その後両ザイルが引かれる事を確認する事。 
トップはセカンドを上げる時に(ビレー解除をコール後)ロープ手繰りよせるが・・・最後、必ず弛みを取るために一本づつ引く・・・そしてセカンドの確保態勢に入る。ルベルソの場合・・(セカンドの確保は)小さい方の穴をビナで支点から吊るし・・・ロープは(通常のセットで)登って来る方を上にして、ビナをかけてセット後、「登っていい」とコール。 (重要)わかったこと・・・ルベルソは、常に一定方向からロープをいれれ -->続き

04/25 21:11
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai