[]-36/親
人工登攀(2005/7/5更新)
オジサン

最初--フビレイを岩にスリングを回して取る。F3は1カ所支点が抜けていて、バカブーを打つ。回収の際、思わず簡単にはずれ、ハンマーが空振りに近い感じになりバランスを崩しすべってしまった。ハーケンの回収も片手でホールドを掴んで、足場の悪い所で実践出来、為になった。F4仙人の滝はアブミの人工登攀。セルフビレイは交叉する根っこから取る。1P、2Pに私のアブミを残し最終Pで1台、新保さんのアブミを残置。左壁をトラバースしながら回収するが、沢ようのハーネスにフィフィをつけわすれ、ウッドペッカーで代用する。垂壁2P目でアブミを落とす。WLに通しているつもりが、手袋をしていて、感触が解らず、通してなかった様だ。2Pに3mのスリングを掛け「下ろしてください」を飛ばしスリングと1Pのアブミ伝いに釜まで降り回収する。腰上までつかり顔を水面下にしてやっと取れた。が、ゴボウで登り返そうとしたが、濡れた服とザックの重みとヌルヌルの岩に手こずり、トラバース地点まで戻り、最初からやり直す。濡れたザックが重い。アブミが一つ足りないので、120ソウンスリングで代用する。その後は練習した通りに登る。ランナーからロープを外すのをついつい忘れがちだった。反省!F5の羽衣の滝もアブミ人工登攀。左岸にくさりの道がある。見学用であろうか。セルフビレイは岩から取る。コールが聞こえないので、ロープいっぱいで登り始める。1,2Pと直上し3Pはやや左に登る。支点がやや遠いので、お助けスリングが掛けてある。4Pは右上に登るここもお助けスリングが掛けてあるが、回収時、肩掛けしようとし落としてしまった。ねじりん棒にしてちゃんと装備するべきであった。反省!5Pは木の根っこ、6Pで終了。最後の行者の滝までは所々悪い。倒木があり掴まると危ないので、蹴って落とす。行者の滝下部は滝下のハングで人工の練習場所だ。ここで遡行終了。お宮のハング経由で金比羅山頂。ここまで、ロープいぱいの確保で登る。中級の沢は初めてだった。やはり断然難しくなる。特に今回の沢は登攀性が高く、登攀技術、ルートファインディングの訓練になった。リードで登れるようになりたいものである。  2005/7/4 よっちん




第┃ 30┃回┃「初めにゲレンデありきーその5」(2001/4/26 )
講習会に参加された方の報告です
●C君 ▲私
●14日岳嶺岩(トップロープです。) あぶみ:巻き込みなし。スカイフック又はフィフィ。垂壁。垂壁でのトラバース。 フレンズ・ナッツ類:フレンズのセット。回収。フレンズのシュリンゲにあぶみをかけます。支点のテストです。まず手で引きます。次に片足でショックをかけます。大丈夫なら全体重をかけます。この時にディジーチェーンを使います。
自分でセットしたフレンズ支点に生まれてから初めてのっかりました。結構いい感じ。使える!岳嶺岩はビレー訓練くらいしかイメージがなかったのですが、フレンズをセットしながらトラバースラインをひけるような箇所があったんですね。
▲ナット類によるエイド・クライミング;今回は私がセットした物を抜いて入れる形でしたが、トップロープで自分の物を使って最初からやってみてください。外れやすいセット・道具の癖(ナット・キャメロットなどの違い)がわかります。エキスパンリング(体重を掛けていると段々開いてくる岩)もあります、そういう場合はめーいっぱいきつめにセットするのですが・・・あと固め取りなども有ります・・・機会が有ればやります。

第┃ 41┃回┃≪ 私の課題 ≫  (2001/6/14)
●あぶみで登りました。まずちょんぼ紐に片手でぶら下がり、フィフィをできるだけ高いところにかけます。何段か上がり、もうひとつのあぶみを上にかけかえます。このとき、ちょんぼひもに手を通して落とさないようにします。そして、片足を入れます。次に、今のっているあぶみに立ちこみつつ、もうひとつのあぶみに入れた足でのりこみ、フィフィをかけかえます。これを繰り返しました。あぶみをかけかえるのに、回収するときは、頭を下にするとうまくいきます。
▲チョンボヒモ・フィフィ等の使い方を理解することが大切です。
●カムデバイスのセットの仕方を練習しました。トップロープで確保しながら、セットしたカムにあぶみをかけ、のっかってみました。まず少し体重をかけてからのっかったので、実際の墜落とは様子が違うのではないかと思いました。
▲ 基本的な動作は同じです。カムデバイスのセットに慣れれば残置のハーケン類より安心感が有ります。セットのチック方法を理解してください。ただ、乗っかっていると開いてくるエキンパンディングフレーク・リスは要注意です。
後、リードしますからザイルの操作が(これが難しいのですが、時間が無く出来ませんでした。)加わります。

第┃ 101┃回┃無雪期後期登山1「教室」鐙練習<長文>  (2002/6/27)
●「鐙」感想(S記)(▲私記入)
1.鐙の操作方法 
2.半マストでの懸垂下降
  (注意)下に引くロープがゲート側にこないようにセットすること。
3.ルベルソを使用した場合の仮固定方法
を行いました。以下復習

鐙の操作方法
1.リストループに手を通し、ボルトにかける。
かけ方:手前からでも後からでも良い。但し、手前からかけた場合、ビナがテコになっ てボルトが抜ける方向にモーメントがかかる。(特にD環使用時)
▲あぶみ用カラビナは手で掴むときに楽なように大きめが良いです、又、ゲートの開口部の形状にも気を付けて選ぶ事が大切です。
2.1の腕を伸ばして吊下がり、アブミに足を入れる。
3.アブミに足で立ち、なるべく上にフィフィをかける。
▲鐙に引っかける細引きの輪っかを大小色々付けておくと楽
4.次のボルトに手が届く所まで、アブミを登りフィフィを都度一番高い所にかける。(MAXリング)その際、フィフィにかかるモーメントでボルトが抜けないよう、常に足に体重を載せて下方向にモーメントをかけておくこと。
▲「巻き込み」は必要ですが、これは特殊な場合だけですので一般的にはやめて下さい。

5.もう1つのアブミのリストループに手を通してボルトにかけ、吊下がり一番下段に足を入れる。
▲「下段」か又は「同高さ」が大事

6.前のアブミに載せている足に体重をかけ、フィフィを外す。
7.次のアブミに載せている足に体重をかけ、1,2段上がった所で外したフィフィをかける。
▲手をのばして足を上げる。

8.頭を下にし、前のアブミを回収する。(リストループに手を通すこと)
9.4~8を繰り返す。
☆ボルトにリングがない場合、3mmのシュリンゲを2周してそこにかける
▲黒部丸山等

☆トラバース時の注意事項:
1.次のアブミに足を乗せる時は、前のアブミの足位置より低いところに乗せる。
2.前のアブミを回収するまでは足を引っかけたままにし、遠ざかるのを防ぐ。
☆マルチの場合、トップがパーティ分のアブミを持って登り、自分以外のアブミをセットする。セカンド以降は自分のアブミのみ回収し登る。(時間の短縮)
☆持運び方法:リストループにアブミの輪を入れ、ビナにかける。
☆道具:アブミのビナはD環よりO環に -->続き

04/25 21:10
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai