[]-35/親
アルパインルート(2003.6.1更新)
オジサン

最初--を>取る。フォローは次のピッチはトップになるのでビレイヤーは確保器(ルベルソの場合)をセットし直しビレイする。

「確保」の空白を防ぐことは必要です。

☆支点確保の場合ハーネスのビレイループにカラビナで(トップ側のロープを)1ターンして確保する。

☆ルート終了点に着いたらセルフを2箇所以上とりフォローの確保。

セカンドが来てからトップも一緒に、ハーネスから「枝」を二本出して「セルフ」を作り、メインを外します。

☆フォローも着いたらセルフを取り懸垂下降点の確認、補強等をする。懸垂する場所、状況によってザイルを投げるのか流しながら降りるのかを決める。投げる場合は1本づつ末端処理しコール後投げる。流す場合は1本づつ束ねてギアラックに下げて下降する。
流す場合も末端処理は必要です。

☆初めて懸垂する場所、夜間下降の場合は2本を一緒に末端処理し更に1m位上部でもう1箇所結び目を作る事。
これは「登り返し」が出来やすくするための処置です。

☆下降器をセットし、マッシャーを使用するときは下降器の下側にセットしレッグループにカラビナで連結する。(マッシャーが長い時はスリングの両端を編み短くする)

上につける場合もありますが、私は「下降器の下側」につけるようにしています。ザイルのねじれの関係です。

☆ハーネス、下降支点の確認、下降器のチェック後セルフを取りこれが下降時の「三つの確認」。
回収側のロープに掛けて上部、下部を確認しながら懸垂下降する。これが下降中の「三つの確認」。上、前、下、確認。

☆二番目に降りる者はロープを軽く触っているようにする。(もしもの場合グリップビレイで止められる場合もあるので)

はい、漫然と風景を見ていてはいけません(それにしても奥多摩の山の色は素敵でしたね・・・「春模様」と言うのでしょうか?!)。トップの下降の失敗・・・スッポ抜け等。

☆次の下降点に着いたらセルフを2箇所取りロープが回収出来るかどうかチェック後、2番手に合図し2番手も同様に下降する。以下同様の繰り返し。下降中ロープが絡まったりした場合は仮固定をしてから直す事。

はい、仮固定が出来なければ致命的になりやすいです。仮固定が出来るかどうかは大切です。

-->続き

04/25 21:10
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai