[]-35/親
アルパインルート(2003.6.1更新)
オジサン

最初--ヘピンせず、さらに「目標10本!」と言われても、1本とは?どれくらいのペースで登れば10本になるの???とりあえず登ることにしました。まずはセルフビレイの取り方から始まり、懸垂下降時の確認事項etc.繰り返しその都度教えて下さったので、覚えるというより自然と身につく感じがして嬉しかったです。岩自体は砂(土)が多く、目に入ったりチョークをつけても滑ったり、支点も少なく錆びており、懸垂下降の時に草木と戯れたり。。。これがアルパイン!本チャンぽいゲレンデ?!(そう思って宜しいのでしょうか?)ゲレンデの一番下まで降りて来た時には暗くなり始めていたので、「もう1本登るか何か食べて降りるか?」と聞かれ、迷わず、もう1本!と思い登り始めたけど途中でタイムリミット。時間が短い。残念だけど、あと2日あるので遊びたい気持ちを抑え駐車場に戻りました。もう1本登るには、色々なセットや確認を確実に早くしなければと思いました。

第┃ 128┃回┃ アルパインクライミング。(2003/5/6)
●★ゲレンデで覚えてほしい事そして注意事項★
☆マルチピッチにおけるトップとフォローの役割について 
アルパインの場合、時間との戦いです・・・早く安全地帯に戻ることが(「安全」に確保すると同時に)必要です。
トップは、落ちないこと・・・どんなに時間がかかろうと、必要なら「ボルト」を打っても安全にそのピッチをこなします。時間がかかって当たり前・・・
セカンドがトップと同じ時間がかかるというのは許されません・・・セカンドの役割は如何に「早く」登るかと言うことです。パーティーでの役割分担を理解することです。
ex:谷川岳「三スラ」(無雪期)を登っている途中、雨にたたられ登るしかない状態になりました。セカンドはゴボウです。ムーブの楽しみなどしていたら・・・(濡れたスラブに楽しみなど無いと思いますが・・・)ドーム下でビバーグですね・・・

☆ビレイヤーは支点がある時は支点確保、ない時はボディビレイでトップの確保をする。
うーん・・・、すみません、単にめんどくさかったのでボディビレーしちゃいました。支点が無い場合は、確保支点を作ります。作った支点が悪い場合はセルフビレーにとどめて、私は「ボディ確保」にします。 以後、反省をします。ヘルメットもつけます。

☆お互いのハーネスの折り返し、ロープの結束、確保等をチェックする

☆トップはルート読みの後ロープの流れに注意をしながら支点にプロテクションを取りながら登る。その場合墜落時を考慮しなるべく多くの支点にプロテクションを取る。(振られ止め等フォローが登る時の状況も判断しながら)

トップがすべてを決めます!! 必要とあれば多めに取ったり、大丈夫だと思えばランナウとすることもあります・・・私は、取れるときは取ります。(取れば取るほどもちろん時間が掛かりますのでこの辺は、経験が必要だと思います・・・私自身はプロテンションをとるという「安全の方」を選択することが多いです)ただ、トラバースのプロテンションは取らないとセカンドが「危険」になります。

☆リングボルトにはビナ掛けをする。スリングの直掛けはしないこと。

日本製のボルトは二種類あります。RCCボルトは「スリングの直掛けはしないこと」、リングボルトはタイオフはやめるべきです。安全性の意味からと回収の時のタイムロスからです・・・

☆確保支点に着いたらまずメインザイルでセルフビレイ(セルフに体重を掛ける事)を取り、更にもう1ヶ所セルフ取り、ビレイ解除のコールをする。続き

04/25 21:10
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai