[]-34/親
フリークライミング
オジサン

最初--のイメージとは全く異なり、新しいスポーツをした感じで楽しかったです。( S記)

第┃ 94┃回┃「春」(2002/4/17)            
●今月、6日と13日(土)に3、4年ぶりに湯河原幕岩を楽しみました。二回とも「正面壁」でしたが、全体にクライマーが少ないように感じました。
6日  「_*7ルート」5.9 「_bP」10.a 「樵ハング」10d
13日 「_*3ルート」5.9 「小ハング左凹角ルート」5.9?
    「小ハング左凹角ルート」10.c
    「ドゥービーコーナー」10.c  など
クラックとスラブのミックスルート中心に登りました。ミックスだから少々ごまかし?がきいたのですがクラックだけで上がるルートは、とてもまだ駄目ですね。少し感じがつかめたかなーというところです。Nさんの岩講習会は、人の登り方は参考にしますが、各々の登り方があっていいということで、あまり細かいことは言われない。それより登る人、ビレイヤーお互いの安全確認を決しておざなりにしてはいけないという指導強化です。(当たり前といえばそうですが)
終了点の確認とビレイヤーとの意思確認の上のテンションの掛けかた、また確認が完全にできない場合などなど、・・・どれも当たり前のことですが・・・安全重要視です。慣れてくるとそういったことがつい甘くなってくるのが人間です。教えていただいたことが習慣になるよう、しばらく意識をしていきたいと思います。
幕岩は、はや新芽の緑が美しく、公園の石楠花も見事でした。久し振りの岩でした。 (H)
-->続き

04/25 21:08
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai