[]-29/親
冬壁一本
オジサン

最初--「時期が過ぎて、幸福がめぐり来る」=「一陽来復」と表現しています。寒さはこれからが本番だけど、冬まみれにチャレンジし遊び尽くして「一陽来復」!

天気が悪く寒い厳冬期にはライト感覚で「アイスクライミング」をエンジョイ!!
「冬景色」を楽しみながら、雪まみれの雪上訓練・尾根歩き等をエンジョイ!!
そして、「春一番」が知らせてくれる山の息吹、この時にバリエーションを目指して行動を。冬山の最大の楽しみは寒さもゆるみ、雪も安定する二月下旬から三月にかけてです。登れても登れなくてもあらゆるルートが自分の人生に「青春の思い出」を残してくれます。この時期に最大限のエネルギー出すために「セックン」「トレーニング」を!!「ステコン」(建築用語の俗語で「基礎」の事です)をしっかり自分の物にして自分風にアレンジしていきましょう。

Merry     もうすぐクリスマス! 「クリスマス寒波」に注意
Christmas!   厳冬期・正月は天気が悪いのが当たり前です。
 ∴∵∴    無理をしないで下さいね
∵ ★ ∵   
∵ ☆☆ ∵   ☆----------------------------------☆
∵△△△∵    冬は日が短いです、朝立ちを迅速に     
△△△△△    凍傷には呉々も注意。風対策を!
  ■            
━━━━━  ★。・*・。☆。・*・。★  Merry Xmas! ★。・*・。
☆。・*

第┃ 50┃回┃「秋の予定」(2001/ 8/24)
10月から「冬季クライミング」教室を開始します。12月上〜中旬に登ります。主には「アイゼンワーク」がメインです。無雪期のクライミングは一年中トレーニング出来ます。有雪期のアイゼントレーニングなんて本当に期間が短いです。9月〜11月上旬というのは無雪期では一番充実したときで色々なバリエーションに行けますね。でも、今年の冬は「壁」を登ってみたいという目標を立てた時10月からやる必要は有ります。12月の上〜中旬は寒さもそんなに厳しくありません。一本落としやすいです。1月〜2月はアイスクライミング。3月はバリエーション。冬に向けてこの10月〜12月は重要な時です。勿論、「岩」で無い方も「アイゼンワーク」のトレーニングはきっと役に立ちますよ参加してみませんか。

第┃ 64┃回┃ 「冬景色」(2001/11/19) 
●"昴"メールの感想続き

04/19 07:27
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai