[]-22/親
越沢バットレス「すばる」ルート
オジサン

最初--ジックが、締まりすぎて動けなくなり、びっくりしました(結局プルージック切断)まだまだエイトノットを、度忘れするなど(/。\)イヤン!ハズカシイ)皆さんに、迷惑ばかりかけている始末ですが、地道に、がんばりますので、皆さんよろしくお願いいたします。「ネイビーブルー」いいと思いますよ!笑ったわけじゃないですよ……気にしないでください。『K』(C.C"昴")
▲"開拓"と言えば、「セッコクの花とボルト打ち」去年の6月のマコ岩で。途中、まさに高嶺の花のセッコクを、まじかに見られ大感激した。ボルト打ちをビレーしながら待つのはなかなか気長な仕事。時間切れで、数メートル開拓し既成ルートにつなげて一端上まで。
今回、厳しい体勢でのボルト打ち(まだやってない)と、長いビレーを覚悟していた。ところが電動ドリルのおかげであっという間にボルトセットし「落石と泥んこと落ちてくるザイルと格闘」しながらも、後はクライミングを楽しんだ。
開拓、とても面白かったです。開拓自体というより?のルートが・・・何とかなりそうなルートに挑戦できて楽しめました。
今までにのぼっことのある越沢のルートは、頑張れば何とかなる感じが多かったような気がしますが「すばる」ルートはムーブを確実にしないと登れそうにありません。フリーの感覚が強いルートだと思いました。「すばる」ルートが面白くて、たくさん登りたくなってきました。 K
▲エートまだ汚れていてスタンスなど滑りそうでチョト怖いです。ムーブは面白いと思いました。アタックしてみてください。N(サロン"昴")

第┃ 39┃回┃課題「すばる」ルート(2001/5/23)
開拓ルートに挑戦してきました。(5/20)
いやあ、指も手も腕も痛かった。開拓ルート挑戦は、いいのか悪いのか、力勝負?にして負けた。現在の実力では、うーん、仕方がないか。解決するには我慢することと、ちょっとつらい"MOVE"のようだ。どんなMOVE?ワッカリマセーン?くそっ。(ヒントらしきものは思いついたが、試してみても落ちるかも。ワッカリマセーン。)
辛くなったので、室内壁式に降ろして下さいと言ったのですが、聞こえない振りをされてしまいました。「がんばれとか、汗を拭いていると聞こえてくるのです。空耳HOUR?仕方がないので、左へラインを読み替え高巻戦術にしました。この時何にも聞こえてきませんでしたので、そのまま直上を図ったとたんに「そこで右にトラバースして」だって。戻されました。この凹部へのトラバースも少し緊張しました。この私がズルをしようとした左の直上ルートは、今では廃れたクラッシックなルートなのだそうです。腐ったハーケンがありました。
皆様が挑戦した時の感激を減ずることを恐れます。もう何も申し上げません。私は、最後もA0を使ってアルパインな抜け方をいたしました、とだけ報告します。口惜しいですがどうにも「固まってしまったビンの蓋でした(アキ・マ・セン!)」。核心部は全敗でした。まだクリーニングがそれほど充分ではないので、当分はゴーグルなんかも役立ちそうですよ。冗談です。
私はルート名は「すばる/ネイビーブルー」がいいと思います。命名者はネイビーブルーをくっつけるのは止めようと言っていますが、私はよい名前だと思います。頑張って征服しようと言う気になります。おしまい。 U記
-->続き

04/18 00:09
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai