[]-22/親
越沢バットレス「すばる」ルート
オジサン

最初--くので5.10bとしました。終了点はトップロープしやすくしています。が結構擦れますので流れは悪いです・・チョト埃を落としきれなかったのでスタンスが滑りやすくなっているので一雨降った後が良いと思います。今度行ったときワイヤーブラシで掃除しょうとおもっています。名前は沖縄の海のイメージで「ネイビーブルー」としょうとしたらK君に笑われたので無難な「すばる」にしました。

第┃ 36┃回┃「開拓団」感想(2001/5/15)
▲バットレスの開拓は、とても、楽しかったです。今も少し興奮しています。昔の人は、大変な思いをしてルート開拓をしていたのですね。ボルトラダーなどは、なん日もかけて築いた人が、いたから今のクラシックルートなども登れるのですから・・・右ラインで、登れるように頑張ります。とても、いいルートです。掃除に行きたいですね。S
▲2001年5月12日(土)越沢にて、ボルト打ちをするとのことで、見学がてら勉強しようと思い行ってきました。いざ行ってみると、ルート開拓しているじゃありませんか!私は、ウォールの掃除をすこし、しただけでしたが、懸垂中の作業は、結構大変だってことがよくわかりました。それと途中プルージックが、締まりすぎて動けなくなり、びっくりしました(結局プルージック切断)まだまだエイトノットを、度忘れするなど(/。\)イヤン!ハズカシイ)皆さんに、迷惑ばかりかけている始末ですが、地道に、がんばりますので、皆さんよろしくお願いいたします。「ネイビーブルー」いいと思いますよ!笑ったわけじゃないですよ……気にしないでください。『K』(C.C"昴")
▲"開拓"と言えば、「セッコクの花とボルト打ち」去年の6月のマコ岩で。途中、まさに高嶺の花のセッコクを、まじかに見られ大感激した。ボルト打ちをビレーしながら待つのはなかなか気長な仕事。時間切れで、数メートル開拓し既成ルートにつなげて一端上まで。
今回、厳しい体勢でのボルト打ち(まだやってない)と、長いビレーを覚悟していた。ところが電動ドリルのおかげであっという間にボルトセットし「落石と泥んこと落ちてくるザイルと格闘」しながらも、後はクライミングを楽しんだ。
開拓、とても面白かったです。開拓自体というより?のルートが・・・何とかなりそうなルートに挑戦できて楽しめました。
今までにのぼっことのある越沢のルートは、頑 -->続き

04/18 00:09
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai