[]-20/親
黒部丸山「左岩稜」
オジサン

最初--っかり忘れていて、はじめていったようで新鮮でした。あげくの果て、5mも墜落してしまい・・・(25年のクライミング人生で、本チャンで3回目です・・・「唐沢岳幕岩」右ルンゼルートと谷川岳衝立岩「蝸牛」ルート)無傷なのは運が良かったと思っています。人工から、フリーでトラバースする部分であと30cmで木の根っこに手が届くところだったのですが左足の草付きが剥がれてしまい落ちました。壁の中で一泊、頂上で一泊。力不足でタイムオバーでしたが、目的の「本チャン」をイヤッと体験してもらえました。「本チャン」の「認識」を新たにしていただいたようです。水を2リットル上げたのですが予定日をオバーしたために最後は水不足に悩まされました。下降路も以前使ったところでしたが・・・後から思い出す始末で・・・年を取ると忘れぽくなります。上部の「木登り」「草付きの処理」はサデの大岩・幽の沢の草付きと同じくらい悪かったです。   (N 記)

第┃ 72┃回┃ 「山だより」(2001/12/10) 
●冬の長野方面からの「黒部」へのアプローチとして利用されていた「扇沢」から黒部ダムまでのトンネルがこの冬は「テロ」対策で「登山者」を完全に閉め出すそうです。「ホワイトアウト」(映画)が現実のものとして想定されて対策がとられていると言うことなのでしょうか・・・?冬の黒部丸山は当分無理ですね・・・

第┃ 77┃回┃ 「謹賀新年」(2002/1/7) 
●今年は黒部に入る「扇沢ルート」が閉ざされてしまい。黒部「丸山」は絶望なのですが・・・来年以降は、冬も観光ルートとして、解放されそうです。北日本新聞の「立山・黒部通年観光へ」大町ー室堂を冬季運行 http://www.kitanippon.co.jp/cgi-bin/news.cgi?id=A300#001
-->続き

04/17 23:43
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai