[]-17/親
「谷川岳」
オジサン

第┃7┃回┃「ガチャ」2(2000/11/28)
★ツエルトは大きめの物を持っていく。谷川岳「烏帽子奥壁のルート」は冬壁を志す人にとってはさけて通れない課題です。夏は中央稜・南稜→中央カンテ・変形チムニーと言う順番で難しくなりますが、アイゼンワークを体験すれば、アイゼンは真っ直ぐ攀るのに適していますが、横に行くのは難しい事が理解できます。南稜の夏で言うところのチムニーの上の3P目「・+」の逆くの字状に攀る箇所の為、冬は奥壁のルートの中で南稜を一番困難にしています。中央カンテは難しさが均等に続きます、変形チムニーの部分はピンを穿り出して人工で行けます。凹状は夏の核心部までルートファンリングが難しいです。どのルートを登っても快適なビバーグテラスに辿り着けるとは限りません・・・むしろ腰掛けるだけのビバーグの思い出しか残っていません、そんな時ツェルトを逆さまに使ってみてください(無論空気穴は縛ってくださいね)。底が上になるのですが袋状になるので楽です。

第┃ 9┃回┃「谷川岳一の倉沢「中央稜」」(2000/12/ 4)
*12月1〜2日に谷川岳一の倉沢「中央稜」に行ってきました。
この時期は寒くなく登 -->続き

04/17 22:57
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai