[]-16/親
「アクシデント」更新2003/1/17
オジサン

最初--ス形跡を残して、ガールフレンド共、一酸化中毒?(解剖していません)死亡」地元新聞は「自殺?」と見出し・・・(これはガスボンベ使用中の事故と思われます)所属山岳会(山岳会"M"ではありません)が保険会社との交渉を放棄した。(というか請求自体を忘れていて・・・そのまんまです)ガールフレンドは無所属。保険は請求しないと出ません。個人で保険に入っている人は自分以外の人に「請求」事務をキチンと説明しておかねばなりません。たとえ請求まで行っても保険会社とやり合うことが必要な場合もあります。
「事故」の後始末は個人で出来るレベルを超えます。(別な機会にもっと詳しく書きたいと思っていますが)山岳会は「事故」結果から会員を守る「防波堤」の役割を果たさなければ成りません。
攀るだけでなくそうしたことも学んで欲しいし、学んだことを活用して欲しいと思います。
(**)どの保険会社も、表向きは何でも扱うよう宣伝はしていますが、実情は「内規」で「山岳の捜索費用など」は扱わない事が謳われています。日山協等と保険会社との契約の山岳保険は「特殊」なものとして捉えられています。「郵便局の簡易保険・ALICO等は大丈夫な様です」の中身は「山岳登攀を含む」山岳事故で支払いをしているということです「主に死亡・高度障害」を指します。植村直己さんは「郵便局の簡易保険」から支払いが出たと聴いています。ALICO等を扱っているYMJ(ワイエムジャパン・0422-55-8486)の宮川氏の話だと、アリコの場合、免責日が0日で保険加入が簡単で、他と比べて保険料が安いようです。

第┃ 11┃回┃登山届出と「役所」(2000/12/ 7)
山を歩いていると尾根が何処までも続いています、この尾根が県境のことが良くあります。県境というのは実は厄介な問題を孕んでいます。事故の「窓口」は、おおむね県警外勤課なのですが、県境で所轄が異なると言うことです。この縄張りは厳密に守られています。例えば穂高で事故が発生すると、飛騨側だと岐阜県警(高岡署)の所轄で上高地側だと長野県警(豊科署)の所轄です。しかも「山岳事故」に理解がある人は「長野」「群馬」「富山」の山岳救助隊員位で、一般の警察官は一般人のレベルの認識しか有りません。「山岳事故」は「迷惑」をかけていると言う認識が一般的で、「警察」の事故者への評価は、まず「登山届出」を出しているのかどうかから始まり、その次は「山岳会」に入っているかです。二県にまたがる山域の場合両方に登山届出を出しておいた方が無難です(登山口に登山届出鰍ェないこともありますので県庁所在地の警察に郵送すればいいです)。
登攀と縦走(ハイキング)を比べると、事故があったとき、登攀の場合は有る程度場所が特定できますし、もともと「危険」と言う認識なので「登山届出」等は提出されることが当たり前です。ハイキングの場合、(山岳会の指導・教育の結果)届出が自覚的に出されない限りほとんど提出されません。特に「単独者」の「行方不明」事故はそもそも「山」に本当に入山したの?と言うことから始まってコース自体わからないので捜索の範囲は無限と言ってよいです。
山岳事故の救助等は、実際は地元山岳会に委託している所が大方の実情で「民間協力隊」と言う言い方をしています。
「役所」の救助隊は奥多摩などは奥多摩警察の山岳救助隊があります、ただ実体は「一般警察官」と考えた方が良いです、面白いことに消防署の中にも「救助隊」が有ります、「役所」ですので届出が有れば当然出動してくれます。警察官で登山をしている人はあまり知りませんが、消防署勤務 -->続き

04/17 20:09
<前の親
レスを書く
レス無し
次の親>
Child K-Tai