山と登山技術

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■22 / inTopicNo.1)  越沢バットレス「すばる」ルート
  
□投稿者/ オジサン -(2002/04/18(Thu) 00:09:48)
    第┃ 35┃回┃「開拓」報告(2001/5/14 )
    5月12日(土曜日)サロン"昴"のメンバーで越沢バットレスにルートを造りました。場所は「天狗の踊り場」の右のフェースで通常下降ラインよりもっと右側です。ルートの長さは20mです。ランニングポイントはリングボルト13本+ハーケン1本です。
    ルートはジョードル状の所から始まります。結構悪いです。此処を右側から登り左側に行くと小ハング下に出ます。この小ハングののっこしが核心部です。ラインは二つ取れます、右から行くときは越沢バットレスのグレードでムーブは5.10a位だと思います。越沢バットレスでは珍しくアンダフレークのトラバースから立ち込みアンダーフレークを掴むという面白いムーブになりました。左からのっこすばあいは小ハング下のクラックを使って5.9位かなと思います。核心部を抜けると最後のフェースが出てきます。結構辛い状態が続きますので小ハングでよれていると此処が第二の核心部になります。左手は有りません右手が二つ続けてあります。最後は左手でのっこし端を掴んで終わりです。ルートとしては最初から終了点まで中間の小ハング下だけしか休めるところがなく。緊張が続くので5.10bとしました。終了点はトップロープしやすくしています。が結構擦れますので流れは悪いです・・チョト埃を落としきれなかったのでスタンスが滑りやすくなっているので一雨降った後が良いと思います。今度行ったときワイヤーブラシで掃除しょうとおもっています。名前は沖縄の海のイメージで「ネイビーブルー」としょうとしたらK君に笑われたので無難な「すばる」にしました。

    第┃ 36┃回┃「開拓団」感想(2001/5/15)
    ▲バットレスの開拓は、とても、楽しかったです。今も少し興奮しています。昔の人は、大変な思いをしてルート開拓をしていたのですね。ボルトラダーなどは、なん日もかけて築いた人が、いたから今のクラシックルートなども登れるのですから・・・右ラインで、登れるように頑張ります。とても、いいルートです。掃除に行きたいですね。S
    ▲2001年5月12日(土)越沢にて、ボルト打ちをするとのことで、見学がてら勉強しようと思い行ってきました。いざ行ってみると、ルート開拓しているじゃありませんか!私は、ウォールの掃除をすこし、しただけでしたが、懸垂中の作業は、結構大変だってことがよくわかりました。それと途中プルージックが、締まりすぎて動けなくなり、びっくりしました(結局プルージック切断)まだまだエイトノットを、度忘れするなど(/。\)イヤン!ハズカシイ)皆さんに、迷惑ばかりかけている始末ですが、地道に、がんばりますので、皆さんよろしくお願いいたします。「ネイビーブルー」いいと思いますよ!笑ったわけじゃないですよ……気にしないでください。『K』(C.C"昴")
    ▲"開拓"と言えば、「セッコクの花とボルト打ち」去年の6月のマコ岩で。途中、まさに高嶺の花のセッコクを、まじかに見られ大感激した。ボルト打ちをビレーしながら待つのはなかなか気長な仕事。時間切れで、数メートル開拓し既成ルートにつなげて一端上まで。
    今回、厳しい体勢でのボルト打ち(まだやってない)と、長いビレーを覚悟していた。ところが電動ドリルのおかげであっという間にボルトセットし「落石と泥んこと落ちてくるザイルと格闘」しながらも、後はクライミングを楽しんだ。
    開拓、とても面白かったです。開拓自体というより?のルートが・・・何とかなりそうなルートに挑戦できて楽しめました。
    今までにのぼっことのある越沢のルートは、頑張れば何とかなる感じが多かったような気がしますが「すばる」ルートはムーブを確実にしないと登れそうにありません。フリーの感覚が強いルートだと思いました。「すばる」ルートが面白くて、たくさん登りたくなってきました。 K
    ▲エートまだ汚れていてスタンスなど滑りそうでチョト怖いです。ムーブは面白いと思いました。アタックしてみてください。N(サロン"昴")

    第┃ 39┃回┃課題「すばる」ルート(2001/5/23)
    開拓ルートに挑戦してきました。(5/20)
    いやあ、指も手も腕も痛かった。開拓ルート挑戦は、いいのか悪いのか、力勝負?にして負けた。現在の実力では、うーん、仕方がないか。解決するには我慢することと、ちょっとつらい"MOVE"のようだ。どんなMOVE?ワッカリマセーン?くそっ。(ヒントらしきものは思いついたが、試してみても落ちるかも。ワッカリマセーン。)
    辛くなったので、室内壁式に降ろして下さいと言ったのですが、聞こえない振りをされてしまいました。「がんばれとか、汗を拭いていると聞こえてくるのです。空耳HOUR?仕方がないので、左へラインを読み替え高巻戦術にしました。この時何にも聞こえてきませんでしたので、そのまま直上を図ったとたんに「そこで右にトラバースして」だって。戻されました。この凹部へのトラバースも少し緊張しました。この私がズルをしようとした左の直上ルートは、今では廃れたクラッシックなルートなのだそうです。腐ったハーケンがありました。
    皆様が挑戦した時の感激を減ずることを恐れます。もう何も申し上げません。私は、最後もA0を使ってアルパインな抜け方をいたしました、とだけ報告します。口惜しいですがどうにも「固まってしまったビンの蓋でした(アキ・マ・セン!)」。核心部は全敗でした。まだクリーニングがそれほど充分ではないので、当分はゴーグルなんかも役立ちそうですよ。冗談です。
    私はルート名は「すばる/ネイビーブルー」がいいと思います。命名者はネイビーブルーをくっつけるのは止めようと言っていますが、私はよい名前だと思います。頑張って征服しようと言う気になります。おしまい。 U記

引用返信 [メール受信/ON] 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

書き込み不可

Mode/  Pass/

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 検索

- Child Tree -